【愛機紹介】飛鳥たん
a0293131_2285511.jpg
Bianchi RomaⅡ/09 Matt Black "飛鳥たん"

・自分のⅠ台目のBianchiでした。
 飛鳥って名前は、このローマ2ってモデルが日本限定企画モデルなので、和風な名前をつけてやろうっていうので付けました。

 実はチェレステの色が本音では欲しかったのだけど、当時、部屋におけるかどうか不安だったので、盗難が怖くてマットブラックにしてしまったという履歴があったり……
 この件以降、チェレステカラーに対する妙な執着を持つようになってしまいました(汗

 
a0293131_2343420.jpg
▲飛鳥たん最大の特徴は黄色リムのホイール。
 例によって手組みの特注品。
 リムは前輪がVelocityのAero-Head/32H、後輪も同じくVelocityのDeep-V/32H、ともにどっちかといえばピストバイク用のリムなので、かなりファニーな印象に……

ハブはどちらもシマノのDeore
 タイヤは現在Panaracerのリブモ25C、激重だけどパンクはしない、丈夫。

ブレーキはケーンクリークのDirect Curve3に交換、だけど、実はブレーキタッチはあんまり良くない、オリジナルのAvidの方がいいと思う。
 ただ、このブレーキはVブレーキにしてはブレーキ開放がしやすく、つけたり外したりしてもあんまりブレーキバランスがおかしくならないので、そんなに悪くはないなぁ、なんて。

サドルはSPECIALIZEDのAvatar-GELの09年モデルだと思う。
 今のAvatarとはちょっとデザインが違う。
 フラットハンドル、グリップは色々試した結果、ERGONのGR-2に落ち着いてる。

ディレイラーやスプロケなど駆動系はオリジナルのまま、Tiagraに変えたかったけど、買えるくらいならロードを勧められるといういつものパターンのまま交換せず3年経った。
 ペダルはFUNNのソルジャムバイパーズ・ブラック MTB用なので、カーブで油断してると大きくて地面に擦る(汗
 基本フラットペダルだけど、最近はTimeのi-Cricを移植して遊んだりもしてる。

・ほか、ハンドルをちょっと切ってみたりもしてたり、ちょくちょく手を入れております。

a0293131_248466.jpg
▲納車初期の頃、富津岬にて。

a0293131_2485912.jpg
▲同じく納車初期、千葉県御宿の海岸にて。

 走行距離は、年間とおしてムラッ気があるため不明。
 一応千葉県1周ツーリングを2回やってるので、これでロングライド(宿泊なし)としては480km程度はイッキ乗り済。

 12年の9月に杏珠たん(Bianchi C2C infinito/105)を買うまではメイン車でした。
 現在は基本的に隠居中だけど、パーツ不足無いので組めば走れます。
[PR]
by minagi_ichirino | 2012-09-01 02:13 | Bianchista
<< ミニ四駆その後(Mixiより転載) 【イラスト】ナウ・アンド・ゼン >>