【チャリ】富士スバルラインを往く
a0293131_21582678.jpg

・またまたビアンキ仲間の皆様「Morning Riders」で、富士スバルラインをヒルクライム&ダウンヒルして参りました。
 今回のメンバーはいつものトクさん(SINGにーさん)夫妻と、誠さん、あらいさとしさんBot、コンセプトストアの松原さんと、なかなかの世帯です。

 今回のスタートは大月駅、ここから富士吉田市へ、そこから富士スバルラインを使い富士山五合目、標高2220mを自転車で目指します。

a0293131_22394529.jpg

 武蔵野線沿線の自分は、西国分寺乗り換えで中央線へ、大月駅まで輪行です。
 列車を一本逃して、ちょっと遅刻気味に到着、いそいそと杏珠たんを組み上げて早々ラン開始です。

a0293131_22443010.jpg

 全体的にはヒルクライムということもあって、基本的にずっと登り基調。
 少ない斜度なので、それほど上ってる感はありませんが、やはり足にきます……ヒルクライムが得意でない自分は、ひたすらマイペースで後ろをついて行きます。

 そして、走ること1時間ちょっとほど、スバルライン入り口へ

a0293131_2301968.jpg

 このスバルライン、有料道路ということで、自転車の場合は200円。
 しかし、道の規格は良くて、交通量もあまり多くなく、ひたすらに走りやすい道でした。
 大自然の中を往く道はなかなかに景色も空気も良い!!
 平均勾配はだいたい5%くらい、そしてそれが約30km延々と続く、ひたすら長いヒルクライム……三国峠を行った時も上毛高原から頂上まで30km弱ほどあったけれど、あの時はまだ多少の起伏があったり、道のウィットが多かったけれど、今回は淡々とこんな景色を進んでゆきます。

 綺麗なんだけど、正直途中から飽きてきます(笑)

 
a0293131_22575271.jpg

 どんどん上ってゆくと周囲の植物も少しづつ代わり、そして山肌と稜線が見えてきます。
 なんというスケール! さすがに圧感されました。

a0293131_23103973.jpg

▲そんな壮大な景色のスバルラインを、猛然と攻める一梨乃みなぎ!!
 ……と言うのは嘘で、息も絶え絶えにアベレージ10kmペースで淡々と登りました。
 やっぱりヒルクライムは辛い~~~(汗

a0293131_23191989.jpg

 結局3時間ほどたっぷりかけて、五合目へ到着。
 流石に1700mを超えてからは空気が薄いのを実感。
 今までの最高は三国峠の1200mくらいですから、今回は個人的サイクリングの最高地点記録です。

a0293131_2320662.jpg

▲五合目名物といえばやはりこの富士山メロンパン。
 いやあ、美味しかった、もはや何食べても美味しい状態になってはいましたが……

 今回のヒルクライムで思い知ったのは、とにかく「ヒルクライムは消耗する」ということ。
 2回くらいハンガーノックを起こしかけて、仲間にようかんを分けてもらい、水を途中で補給し何とかしのげました。
 つぎからはきちんと補給食を持って行こう……(´・ω・`)

 帰りはシャーーッ!!とダウンヒルして、富士吉田で再びうどん。
 そのまま再び大月へ戻り、のんびり帰宅の、だいたい100kmちょっとののんびりサイクリングでした。
 
 いや~~、もっと痩せないといけませんね!!

a0293131_23273721.jpg

 そして、輪行ももっと手早く出来るようにならねば……!!

 
[PR]
by minagi_ichirino | 2013-09-07 23:28 | Bianchista
<< 【同人】3Dカスタム少女「死神... 【旅】金沢>城崎温泉>なんば~... >>