【チャリ】Fleche日本橋に参戦してまいりました
a0293131_1475864.jpg

 去る4月18日、とうとう準備を進めていました本戦「Fleche日本橋」に参戦してまいりました。

・そもそもFleche(フレッシュ)って何?って方が非常に多いと思うのですが、これは自転車の長距離走の競技みたいなものだと思っていただければいいかなと思うのですが――(厳密には競技ではないのですが)

・最大5人チーム、最低3人で24時間で360km以上走ると、認定を受けられる
・ルートは自由に決定して良いが、ゴール地点は予め指定されている。(厳密には少し違うけど……)
・ルートは主催に事前に提出し認可してもらう必要があり、そのルートの通過証明になるチェックポイントでのチェックが必要。
・基本的にはチームメンバーは一緒に走らなくてはならない、誰か一人先行してチェックポイントに早着するのは失格。
・一箇所での休息で2時間以上かかると失格。
・22時間目のチェックポイントから24時間目までの間に22km進まないといけない。

 とまぁ、こんなかんじでとにかくは「チームで24時間、360km以上走り続けないといけない」という、気の触れたようなサイクリング大会です。

 んで、ルートはこんな感じ。
a0293131_14192552.jpg

・ネックなのはやはり大洗から九十九里までの海岸線、この季節、しばしば強い南風が吹くので、ここで体力が削られないかが心配です。

 自転車は普段通勤で使ってる「姫」こと、Bianchi Via Nirone7、2015モデルのTeam Belkin Editionです(一応限定モデルらしい)
 普段通勤に使ってる仕様そのままでは非常に厳しいので、ロングライドやサイクリングを快適に走れるようにということで、大幅に手を加えました。

・ハンドルをウィング形状のものに交換(ITM WingShape Carbon)
・ステムを1cm短縮し、ハンドルを5mm下げる(FSA OS190 TeamIssue)
・ホイールを交換(Campagnolo ZONDA)
・サドルを交換(Specialized Avater-GEL 2008 MODEL)
・タイヤを交換(ブリヂストン Extenza Bicolore グリーン)
・チューブも交換(Panaracer R-Air)
・クランクを165mmから170mmに延長。
・ペダルもビンディングに換装(Time i-Cric Carbon)

 その他普段のブルベカスタムも進めてすっかり別の姿に変身した「姫」さま。
 迎えた当日、高崎スタートということで、自走で大宮まで走り、そこから輪行だったのでしたが、家を出て漕ぎ始めて、あまりにも自転車が走るので笑いがこみ上げてくるほどでした。

 Bianchiの廉価帯ロードバイクとはいえ、新型Via Nirone7、仕上げると軽快になかなかよく走ります。

a0293131_1431453.jpg

・さいたま新都心駅から高崎線に乗車、結局睡眠時間調整で夕方に寝て夜の11頃に起床。
 夜の2時半頃に家を出て駅には5時前に到着、電車で寝れると思ったけれど、思うように寝れずに到着。

 高崎駅でほかメンバーと合流し輪行を片付けます。
 反射ビブをゴール地点に荷物で送ってしまうというポカを犯してしまい、リーダーのといち氏に反射ビブをレンタルしてもらう。

a0293131_1438169.jpg

 ブリーフィングしたり、 いろいろで多少時間は押し気味に7時30分にスタート、ここから24時間の長いサイクリングのスタートです。
 完璧に整備された(と言って自信があるくらい!)Via Nirone7は快調で「いいな、問題ないな」という滑り出し。
 ほかメンバーとのペースの兼ね合いとしては、個人的には若干余裕のあるペースで、ちょっと遅いかなくらい。
 高崎から前橋までサクッと移動し、県庁前からR50に進入、ここからひたすら太平洋岸を目指します。
a0293131_14482365.jpg

▲群馬県庁前、R50の起点です。

 しかし、PC02で早々とレシートを貰い忘れるというポカをやらかし、すぐに気づいたものの、20分ほどをロールバック。他メンバーにひたすら頭を下げる自分……

a0293131_14475751.jpg

 更にはPC03でまさかのパンク、前日に新品チューブに変えたばかりだったのですが、コンビニのPC03の進入で歩道を渡った際に針金を踏んだようで、止めた自転車をチェックすると、ブッスリとタイヤに刺さってました。
 空気は抜けていないように見えたけど、念のためにチューブ交換。
 さようなら新品のR-Air……

 とはいえ走行中ではなく、PCのタイムチェックするタイミングでこういうトラブルが見つけられたのは不幸中の幸いでした。
 普段仕事でやってるだけに、5分ほどでチューブ交換完了、ほとんどロスにならずにスタート出来ました。

 群馬県を抜け、栃木県へ、小山、下館を抜けて茨城県へ。

a0293131_14545816.jpg

 淡々と走り続け夕方頃茨城県の水戸に到着。
 ここまででだいたい距離的に150km程度、この日はコンディションを合わせてきていただけあって、体の調子が非常によく、まだまだ全然に元気でした。

a0293131_1502886.jpg

 更に太平洋岸を目指し、大洗まで。
 だいたい大洗あたりで日没を迎え、ここでの通過チェックからライトを点灯させました。
 大洗はやはりこの大きな鳥居が特徴かな、子供の頃家族で海水浴に来たな、というのを思い出します。

 ついでに、お魚天国でネギトロ丼を食べる。
a0293131_1563456.jpg

▲ぱっと見、美味しそうには見えると思うのですが……メンバーの方たちとも、美味しいものを食べよう!って話になって行った大洗地元の施設だったけど、頼んだモノがイマイチだったのか、それとも大洗はその程度なのかわかりませんが、味やモノに関しては別に言うほどは悪くはないけど、ここまで来て食べるようなものではなかったです。

 いや、大洗をDisりたいわけではないけれど……同じ価格を出したらファミレスの藍屋でも同等か、それ以上のものが食べれると思う。
 量や盛り付けも特に何か特筆することもなく、施設の雰囲気やサービスも「こりゃ寂れちゃうよな……」っていう感じでした。
 大阪の天神橋の寿司屋のほうが美味いし、三浦半島の三崎港や千葉の南房総の方が雰囲気も愛想もいい。

 たしかにコレではアニメ(ガルパン)にすがるしかないのかな……という気持ちに。
 もうちょっと頑張ってくれ大洗。

・大洗町からはR51に乗ってひたすら南下。
 しかし、ここからはやはりといいますか強い南風が強敵に。
 走行距離も200km近くなり、そろそろ最初の疲れを覚えるようになってきます。

 しかし、びっくりしたのが集団走は風に強いということ。
 当たり前ではあるんですが、想像以上にに前走者がいてる状態では、疲労がかなり低減されるといいますか、足が貯められるんですね。
 自分は先頭交代のローテーションではなく、後方の引き上げをやっていて、ピタリ前走者について走っていたわけではないのですが、それでも想像以上に恩恵が受けられてびっくり。

 更には風も鉾田市から鹿嶋に抜けるあたりからある程度静かになり、順調なペースのまま銚子の町へ到着。
a0293131_15282022.jpg

 テスト走行ではトラブルの出たライトポッドも問題なく、順調、かつ、身体も好調で気分よいまま17時間が経過。

 しかし、集団で走るフレッシュでは正直そこまで明るいライトって要らないな……と思ったのが今回の感想。

 そりゃそうだよね、5人でライト照らしていて、更にはみな自分よりも明るいライトを全部点灯させてるような状態なので、ここだけのハナシ、出走規定を満たすためだけの小さなシリコンバンドのKnog2つと、先頭走る時だけ点灯させるサブランプ一つで全然足りちゃったなというのが感想。

 結構人によってはより明るいライトを、より長時間持つライトを、という探求があるようですが、個人的にはけっこうライトそのものの性能には無頓着で、それなり光ってればなんでもいい派。
 それよりも、自転車のシルエットを妨げないようなスリムで軽い物のほうがいいかな、というのもあり、200kmブルベではそういう仕様でもいいかなと、ふと思うのでした。

 多分、自分は夜目が効く人間なんだろうな、深夜の峠のダウンヒルを、Gentos閃2灯でそこまで不満に思わなかったし……

 九十九里を淡々と走り、東金で夜の食事休憩で1時間半ほど停車、そこから千葉の内陸部へ向かい、幕張で朝を迎えました。
a0293131_1543243.jpg

 スタートからここで22時間が経過し、さすがに疲労というか、眠気が強く、辛さを覚えてくるのがこの時間帯。
 思えば、前日睡眠時間調整したとはいえ、理想的な睡眠ではなかったなと、反省。
 レッドブルとビタミン剤で元気を出す。

 千葉から都心へ、交通量も増えて、道路も複雑に。
 疲れの溜まった身体からは集中力を引き出すのはやや大変でしたが、なんとか24時間の時はゴール地点の日本橋で迎えることが出来ました。
a0293131_15473821.jpg

 しめて、走行距離は365.4km!
 いやはやお疲れ様でした。

 ゴール後は主催の方が用意したバンケットに出席。
a0293131_15501393.jpg

 会場の前に集められた参加者の自転車たちの姿は、まるでラリーのパルクフェルメのようで、ちょっと嬉しい演出でした。

 次回は600kmブルベとか走ってみたいなあ
 
[PR]
by minagi_ichirino | 2015-04-21 15:51 | Bianchista
<< 【チャリ】奥多摩周遊道路を走る 【チャリ】フレッシュ日本橋に向... >>