カテゴリ:Free Talk( 16 )
【同人】東方久遠境・別府に参加してまいりました。
a0293131_2252649.jpg

 東方久遠境・別府に参加してまいりました。

 なんでも大分県では初めての東方オンリーの開催ということで、イベントとしては未知数ではあったのですが、事前からサークル参加の募集枠も埋まりきり、抽選になるというのもあり、前評判ではなかなか良さそうな感じ。
 特にこのイベントでは、フライヤー(チラシ)のメインビジュアルを担当したということもあり、なかなか思い入れのある特別な気持ちではありました。

a0293131_2305062.jpg

 しかし、大分は遠い……
 当方は千葉住まいですから、バス一本で行けるわけではなく、飛行機では手荷物の関係で利用するのが難しく、新幹線では高価……
 なにか良い手段は無いかなということで、考えたのが、大阪まではいつも通りバスで来て、そこから現地までフェリーで移動するというもの。
 
 フェリーはちょうど同じ久遠境参加される方で、4人部屋で1人募集と言うお話を見つけたので、自分もそれに乗っかってみることにしました。
a0293131_23519.jpg

 乗るフェリーは「さんふらわあ・ぱーる」
 同じイベントに参加される仲間同士での乗り合い、全く面識のない方々でしたが、楽しく交流出来たらいいなと思って合流し、一緒に食事したりして過ごしたわけですが……残念ながら、彼らから自分はあまり歓迎されてなかったようで、仲良くなれませんでした。

 難しいね、仕方ないね。

 イベント前に今回売り子を手伝ってくれるあいき嬢と合流、色々お話しつつ徒歩で会場へ。
 距離が思ったよりあったので、付き合わせるにはちょっと大変だったかな……

 サークル入場は1130でイベントスタートが1230、なので、1時間ほどで設営しないといけないという結構タイトなスケジュール。
 しかもイベント会場は参加サークルに対してキャパシティがギリギリで、ちょうど後ろのスペースがグッズ屋さんだったわけですが、当然搬入してきた頒布物のストックをバックヤードに上手に入れることが出来ず、開幕前から「おいおい大丈夫かよ……」というムードに。

 自分のスペースも、ポスターを立て、自分の荷物と頒布物のストック、それからあいき嬢のトラベルケースを突っ込んだら、二人並んで売り子は出来ないようになってしまいました。
 う~ん狭い、けど、事前の参加スペース追加募集の件を見てると、まぁ、仕方ないのかなとも……
 
 普段は自分がフロントに立って売り子を刷るわけですが、今回はあいき嬢がコスプレをして頑張ってくれることに。
a0293131_332712.jpg

a0293131_2501037.jpg

 なんと、えんじぇるこまちのコスプレです、前回よりもちょっと手直ししてパワーアップしてます。
 スカートのボリュームが増えて、シルエットが良くなった感じ。

 開幕すると、立ち上がりはそれなりという感じでしたが、スグにスゴスゴと参加者が入ってきて、もともとそれほど広くない会場はかなりぎっしりに。
 参加サークル数自体は大した数ではない上に、アフターイベントなしということでしたが、それでも人の引きは緩やかで、はっきり言って入れ替え制にならなかった事自体がオドロキというくらいの盛況ぶりでした。
 
 さらには二人ならんでスペースに立つことが難しかったのもあって、今回はスケブを久しぶりに受けました。
a0293131_383994.jpg

 お空が指定ということで、えんじぇるこまちに登場する衣装で描いてみました、多分カラーで描いたのは初めて、だったかもしれません。
 さすがに受け取った人は、作中のお空をイメージしていたのか、すこし微妙そうな表情でしたが……

 イベントは開催時間も延長するほどで、結局自分自身も含め少し落ち着いて来たのは、閉会30分前くらいになってからで、持ち込んだ新刊既刊は強気な持ち込みだった割にはほぼ完売。
 色紙も無事に頒布という、上出来な内容……なんと単純頒布数で言えば、昨年の夏コミや紅楼夢よりも売れたといえば、どれくらいイベントが盛況だったかわかるんじゃないでしょうか。

 あいきさんも、お手伝いありがとうございました。

 イベント後は地元九州のしりあい、よすが氏を交えて帰りのフェリーの時間まで食事したり。
 別府はなぜか冷麺が地元料理としてあるそうなので、食べてみることにしました。
a0293131_3153161.jpg

 食べてみてなるほど、スープの酸味が薄く、甘い味付けで、どっちかといえば冷やしラーメンに近いような味わいでした。 美味しかったです。

 ちなみによすが氏には、大9州のときのスケブのお礼ということで、色紙を頂きました。
a0293131_3181157.jpg

 リクエストに答えてくれてえんじぇるこまちです、家宝にします。 うれしいなあ。

 帰りはその日のうちにフェリーにまた乗って帰りました。
 大部屋に泊まったのですが、隣のオヤジの寝相が悪くてパンチを喰らいました。 なんてこった。

a0293131_3214687.jpg

▲今回のイベントでのいただきもの。
 
 とまぁ、色々ありましたが、概ね満足感のある素晴らしいイベントでした。 お世話になりました皆様、ありがとうございました。
[PR]
by minagi_ichirino | 2015-03-03 03:24 | Free Talk
【同人】大⑨州東方祭に行ってまいりました。
 すこし、イベントから間が開いてしまいましたが、大九州東方祭に行ってまいりました。
 今年の冬の開催には申し込んでいなかったので、昨年の秋以来、というわけで一年ぶりの参加ではあるんですが……前回の日記、九州をぶらぶら旅行して帰ってきて二日後にまた九州に行ってまいりました。
 なんてこった!!

a0293131_4535543.jpg

 交通手段は、大阪までは高速バス、そこから新幹線で小倉までという合わせ技なロジスティクスです。
 前回、昨年の秋に参加した時も同じ交通手段だったのですが、昼行便のバスが渋滞でずいぶん遅れてしまい、予約していました新幹線に乗ることが出来ずに、失敗してしまったので今回は一日余裕を持って夜行便で大阪まで。
 そこからこだま号でのんびり小倉まで目指しました。
 
 バスは以前に比べて高価になったとは言え、往復1万円ほどですし、JR西日本は結構列車や日程の限定でありますが、結構お安い新幹線の切符があったりするのです。

 夕方には小倉に到着、いつもの東横インにチェックインして、銭湯まで。
a0293131_523111.jpg

 小倉のモノレールとかも乗りましたよ。

 お風呂上がったあとに、ちょうど同じくして大九州に参加予定だった、生放送の相方レノルス氏と、彼と一緒に現地に来ていた葉山氏と合流。
 夕食適当にしようかということで、なんだかよくわからないけど焼きそばとか食べつつ、その後はあちこちはしごしながら、スケブを広げて3人でお絵描き大会。
a0293131_510395.jpg

 この日は深夜までお絵かきしまくりでした、仲間とウダウダしゃべりつつ色塗ったり、スケッチしたりとかなかなか楽しい……

 
a0293131_572584.jpg

・お店をはしごしている途中で、スロットカーのお店を見つけたので、レンタルで遊びました。
 ノーマグの車両がすごくセッティング出てて、走らせやすかった。
 こんなコースあるんだったら、自分も車両持ってくればよかったなぁ。

・迎えた当日
 この日は特に売り子さんなどいなかったので、ひたすらスペースに張り付き予定でした。
a0293131_5141985.jpg

 少なくなっていた在庫などは、書店から回収し、比較的賑やかなラインナップ。
 四季映姫の表紙の本などは、久しぶりのイベント頒布です。
 新刊はコピー本、キンコーズで刷りましたが、なかなかの具合で、裁断機できちんと揃えてるのもあって、なかなかのクオリティだと思います。

 今回のイベントで小野塚小町のサークルカットを描いたのは、自分と昨日一緒していた盟友レノルス氏、それからお隣のとこしえよすが氏の3人でした。
 というわけで、イベントが始まる前に、よすが氏にも挨拶。
 彼は自分やえんじぇるこまちの事を知っていたみたいで、とても感激でした。

 イベントは普通に滞り無く終了。
 何人か知り合いが出ていたので、途中、スペースをレノルス氏に少しだけ任せて、顔を出しに行ったりしました。

 以前、小野塚小町合同誌に寄稿してくれたぶっちゅくん改め「モナカ王子」氏とは約1年ぶりの再開。
 相変わらずかわいい絵柄に、魔理沙の仕草がマッチしてる良作の新刊でした。
 お互い元気にやりましょうと労いあって別れました。

 イベント後は新幹線まで少し時間があったので、よすが氏のサークルと、レノルス氏のサークルを巻き込んで、ファミレスでちょっと食事。
 スケブを描いてよということで、リクエストに答えてよすが氏のスケブに小町を描きました。
a0293131_5242972.jpg

・時間が最後かなり押してしまって、急ぎで仕上げてしまいました。
 ちょっと不本意。
 コピックも途中でB21が切れてしまいました。

 新幹線はギリギリの乗車。
 行きと帰りが夜行バスなので、足掛け4日くらいかかってますが、でもこれくらいのスケジュールだとちょうどいいかな、なんて思いました。
[PR]
by minagi_ichirino | 2014-10-02 05:27 | Free Talk
【雑記】九州をうろつく一週間(乙)
 すこし間があきましたが、九州をうろつく旅、前回の続きです。
 前回までのあらすじは、4日間かけてとうとう鹿児島の南端近く、指宿まで辿り着いたのでした。
a0293131_18444094.jpg

・指宿ではユースホステルに宿泊、着いた時間が相当に遅くて、宿には少しご迷惑をお掛けしました。
 かつては観光地で賑わった面影もありますが、今となっては見る影もない……

■5日目
 5日目は指宿駅から喜入駅まで行き、そこからバスに乗り換え、知覧町へ行くことにしました。
a0293131_1854251.jpg

▲バス停はこんな感じ、駅から徒歩5分位、駅員さんに聞かないとわからなかったよ。
a0293131_18551526.jpg

▲すさまじい急勾配を登っていく路線バス、自分の自転車でも登りたくない勾配。
 揺られることだいたい30分ほどで知覧に到着。
 知覧は観光で売ってるだけあって、結構見どころも多いところですが、今回は武家屋敷には行かず、特攻博物館に行きました。

 知覧はかつての戦争時、沖縄戦の際前線基地となり、特攻の飛行機が多く飛び立って行きました。
 博物館にはそう言った資料や、戦争の末期の窮状を物語るような物が多く置かれていました。 戦時中の冊子の記事がなかなか興味深く、知覧に行くなら、合わせて鹿屋にも行きたかったなぁと……

a0293131_18581651.jpg

・敬礼です。

 知覧はお茶が有名で、お茶をモチーフにしたアイテムが多くありましたが、宮崎で土産物を多く買っていたのでこの日はスルー……長旅は土産物をどうするかに困るなぁ。
 いっその事途中で宅配便で自宅へ送ってみる……?

 お昼には鹿児島の中心部へ再び戻り、そこから肥薩線で矢岳越えを楽しむことに。
a0293131_1982317.jpg

・肥薩線はまだ乗ったことのない路線で、なかなか楽しみにしていたローカル線ですが、やはり矢岳越えの景色はなかなかのもので、途中にある人吉駅や吉松駅もなかなか魅力的なところでした。
 そうそう、ローカル線ってこういう感じよな!って雰囲気出てる。

a0293131_19101662.jpg

 この日は十五夜でしたので月も綺麗でした、矢岳越えをフルムーンで楽しむ贅沢。
 しかし、途中人吉駅以降、球磨川沿いでは完全に天気が暮れきってしまい、何も見えなくなってしまったのが残念。

 この日は熊本で宿泊。

■6日目
 この日から本格的に帰宅の方向。
 熊本から福岡天神に立ち寄り、行けるとこまで西に行こうという作戦。
a0293131_19155868.jpg

・博多でマトモに降りたことなかったので、実は初めての機会。
 予定より早く着いてしまったので、スタバで時間を潰した後のんびりウロウロ。
 途中、アメリカントイのお店があったので立ち寄ってみると、パワーパフガールズの総集編のアメコミが売ってて、かなり買いそうになるのをこらえる。
 しかし、あまりにバットマンの作画が綺麗で魅力的で、バットマンの比較的最新のやつを2冊ほど買ってしまった。 満足。

a0293131_19185597.jpg

・天神ロフト地下にはミニ四駆のコースもありました。まずまずの大きさ。

 帰りは山陽本線をのんびりとっとこ走って広島で一泊。
 お風呂もネカフェも把握してる町は心強い。
a0293131_1922316.jpg

 お好み焼きのそばをダブルで食べる。

・7日目
 この日で大阪を目指します、しかしせっかくなので少し寄り道、津山でホルモンうどんを食べることにしました。
a0293131_1946187.jpg

 たらこ色のキハ40の津山線、快速ことぶきです。
 津山線もなかなかに風光明媚な車窓が楽しめる路線で、かつこのヨンマルとくればなかなか楽しい気分。

( 'ω' )و <イイヨーココ

a0293131_1952671.jpg

 津山の街をぶらぶらしてホルモンうどん、味噌味がいいね、もっとホルモンゴロゴロ欲しいな。

 しかし、この中国地方の内陸を走る路線、みんな魅力的なんだけど、だいぶ乗り継ぎが悪くて、遊びにくいのが難点……

 夕方には大阪について、なかおか珈琲一服。 夜の夜行バスで帰りました。

 いや~~長かった!!

 
[PR]
by minagi_ichirino | 2014-09-25 19:54 | Free Talk
【雑記】九州をうろつく一週間(甲)
・ずいぶんご無沙汰しておりました、一梨乃みなぎです。
 前回のブログの更新から、ずいぶん経ってしまいましったがその間に、イベントは3回も出てたり、勝浦まで社員旅行に行ってきたりとか、自転車をほぼ完バラにしてたりとか色々して、話題には事欠かなかったのですが、ブログにあんまりイラストの進捗以外の事を話題にすると――「原稿をやらずに全くけしからんヤツだ!!」と、意識高い系の読者様になじられてしまうので、コソコソと過ごしておりました。

 とまぁ、そうはいえども、ドメスティックな話題の多いブログですし、こそこそしていても仕方ないということで、もともと放浪癖のある一梨乃みなぎは、9月の頭くらいから、九州を目指して一週間ほど、18きっぷを利用しぶらぶらしてまいりました。

a0293131_15531323.jpg

・そもそもの目的は宮崎県へ行ったことなかったんですね。
 とにかく、鹿児島まで行くのにも熊本を経由していきますし、そもそも自宅の千葉からではスーパーに遠い。
 鹿児島もせいぜい鹿児島市街くらいまでしか行ったことがなかったので、残暑燦々なこの時期に、九州の南側を堪能しようかなと、のんびり各駅停車で出かけることにしました。

■1日目
 初日、一日目は自宅から大阪まで行って一泊、途中、天浜線を乗ろうか、それとも豊川稲荷に行こうかと悩んだわけですが、この日は豊川稲荷に立ち寄ることにしました。
 豊橋駅から飯田線に乗って豊川駅下車。

a0293131_1613634.jpg

・豊川稲荷は、いなり寿司の本家本元。
 というわけで、お狐さまの神社です、奥にある狐塚にはいっぱい狐が居ました。

a0293131_1623471.jpg

・ギャァァァアアア、多すぎィ!!

a0293131_1633785.jpg

・いなり寿司も食べましたが、こんなご当地グルメ的な売り出しもの「おきつねバーガー」と言うのもの食べました。 厚揚げがふっくら香ばしくて、ゲテ感アリますが、結構食べやすいです。
 この日はウィークデーというだけあって、周辺は空いていて過ごしやすかったです。
 しかし、写真にあるように天気はイマイチで、この後雨に振られました。

 大阪着後、なかおか珈琲で淡路島カレー食べて終了。

■2日目
 この日は津山に行こうか、呉に行こうか悩んだ挙句、津山をスルーして呉まで行くことにして、大和ミュージアムを覗いてくることにしました。
a0293131_16122521.jpg

・山陽本線を乗り換えて三原駅から呉線、ロングシート車、たくあん色。
a0293131_16131943.jpg

 瀬戸内海は穏やかでいい景色、浮かぶのは牡蠣の養殖の生け簀です。
 この日はいい天気。

a0293131_16184994.jpg

・呉到着は14時位、博物館とはいえ、2時間位あればたっぷり楽しめるだろうと思ってたら、かなり盛りだくさんでオドロキ。
 奥にある潜水艦はてつのくじら館といって、海上自衛隊の博物館。 写真左側に大和ミュージアムっていうのがあります。
 見どころ多すぎて、全然時間が足りませんでした、もう一度来たい。

a0293131_1621665.jpg

でち

a0293131_16213985.jpg

・呉にはこんな大きいミニ四駆のコースもありました(寄ったんかい!)
 クルマ持ってくればよかったナァ、走らせる時間なんかなかったけど。

a0293131_1622364.jpg

・街も良し、博物館も盛りだくさん、ミニ四駆も楽しめて、メシも食えるという呉の街はかなり楽しい街でした。
 結局夕方、日が暮れるくらいまで呉に滞在、そのあとは以前えんじぇるこまちの痛車をやって頂いてた、SD氏と会って一緒にホルモンを焼きました。

a0293131_16242510.jpg

・燃えるホルモン!!
 その日は広島で一泊。

■3日目
・この日はハードです、ひたすら列車に乗りまくりです。
 広島を出発して、山陽本線で小倉まで。 小倉からは日豊本線で宮崎県延岡を目指します。
 小倉からは大分を経由して延岡まで行くのですが、その途中、大分県と宮崎県の県境には宗太郎峠という難所が存在します。
 列車で通り抜けるのに、どう難所なのかと言うと……
a0293131_16361388.jpg

・見よ!このすさまじい時刻表!! 普通列車は一日3本しかない!!
 という人の流れが完全に分断されているこの峠、天気は生憎でしたが、17時14分佐伯駅発の列車に乗りました。
 ちなみに佐伯駅で1時間位列車を待つので、駅前とか少しぶらぶらしたかったのですが、あまりに何もなくてすぐに引き返しました。 駅に張ってある佐伯の見どころ、名物のポスターは一体なんだったのか……

a0293131_1638644.jpg

・ここは途中にある宗太郎駅。 一日3本しか列車が止まらない秘境駅です。
 非常に山奥にあり、周囲には山しかありません、しかしここで普通列車は退避して特急列車の通過待ちをしたりするのです。
a0293131_16395463.jpg

・待合のベンチには、なんと宮崎県の公式町おこしマスコット、チキなん番長のイラストの入った石が……!!
 自分もイラストを書いて並べたいと思ってしまった。

 延岡駅には暗くなった18時過ぎに到着、早速夕食にチキン南蛮を食べることにしました。
 チキン南蛮は宮崎、延岡が発祥と言われてる料理で、やはり宮崎に来たからにはコイツを食べまくってやろうという目的もありました。

a0293131_1643555.jpg

 というわけで、飛び込んだのは「直ちゃん」と言うお店、チキン南蛮の発祥のお店と言われています。
 タルタルソースではなくて、甘酢のみで味付けしたチキンカツが特色です。
a0293131_164519100.jpg

 美味い!!

 銭湯に滑りこんで、そのあとは予約してましたホテルで一泊。

■4日目
 延岡を出発して、更に南を目指します。
 目指すは潮に侵食された段々岩で有名な宮崎の南にある青島ですが、その途中に見ておきたいものがありました。
 それがこれ
a0293131_16533640.jpg

 列車に揺られると突然交差して現れる高架橋!!
 これが!これがあの、国鉄時代からJRの初期までリニアモーターカーの研究を支えた、日向実験線!!
a0293131_1703485.jpg

 実験線は暫くの間日豊本線と並走し、やがて途切れていました。
 かつて、乗り物図鑑で眺めて憧れていたあの施設が、あの頃の姿で自分の目で見ることが出来たのは感激!!
 タダの高架橋といえばそれまでなんですが……(汗

a0293131_1784983.jpg

・そして、宮崎から日南線に乗り、辿り着くのは青島海岸。
 軒並み日本の古くからの観光地のほとんどは苦戦しており、ここもすっかり寂れたホテルや廃墟のようなお店が並んでいましたが、しかしウィークデーの割にはそれなりにお客様が多く来られてました。
 やはり交通網の発達で、宿泊してっていうのではなく、日帰りや立ち寄りが増えたぶん、のんびりと楽しむ人減ったのだろうか。

a0293131_17121055.jpg

・しかし、亜熱帯性の生態系というのもあって、まるで日本離れしたような不思議な光景です。
 鬼の洗濯板と言われる岩盤も圧巻の一言。
 今後えんじぇるこまちの作画で、岩肌が出てきたら、青島海岸で見た岩だと想像して下さい(笑)

a0293131_1715278.jpg

・天気が悪く、南国特有の夕立にも祟られました。
 天気が良い時に来たかったね。

a0293131_17153921.jpg

・再び宮崎市街に戻って、昼食にはタルタルチキン南蛮の王道「おぐら」で昼食。
 昨日食べた「直ちゃん」が和風だったのに対して、こちらは洋食屋の雰囲気。
 しかし、店はスーパーに混んでいて、30分ほど並んで食べた割には肉も硬く、驚くような味ではなかったです。 直ちゃんの方が良かったかな。

 ブラックモンブランも食べたあと、再び日豊本線で今度は鹿児島へ。
a0293131_17222987.jpg

・桜島の雄大な眺めは圧巻、おもわず「おぉ」と声を出してしまいます。

a0293131_17231366.jpg

・そして天文館むじゃき、しろくまの元祖です。
a0293131_172351100.jpg

・やりました

 あまりに食いだおれたので、のんびりと鹿児島の街を徒歩で散策しつつ鹿児島中央駅からは、指宿枕崎線で指宿まで。
 もうちょっと早い時間に来れたら、砂風呂を楽しめるかと思いましたが、当然終電に近い時間だったので、そんなことも出来ずに一泊。


・長くなりすぎたので乙編に続く。
[PR]
by minagi_ichirino | 2014-09-16 17:25 | Free Talk
【雑記】うちの子描いて!と言う前に
 突然の話ですが……
 自分は、人様の作った看板娘、うちのこ、いわゆる版権物ではなくオリジナルキャラクターを描いたりするのが好きだったりします。

 特にデザイン的にツボを抑えていたり、独特の世界観を持っていたりすると、興味津々で、その風貌やキャラクターのちょっとした創作の一面を見て、彼女は一体どういうキャラクターなんだろう?とか、きっとこういう風な生活、動き、立ち回りをするんだろうなと、そんなふうに夢中に考えてしまうことがあったりします。

 
a0293131_1325093.jpg

▲なかでも特に気に入ってるのがこの「シルビアさん」
 Pixivで交流の有るれなーど氏のオリジナルキャラクターです、元々はElonaというゲームの彼自身のプレイングキャラがモチーフになっているそうですが、一体どういう冒険してるのかなと思うと、なかなか想像をかきたててくれます。


 もちろんキャラクター自身の魅力もそうですが、作者、デザインした人(公式)が近くに有ることがほとんどで、こういったオリキャラを通した交流もすごく魅力的です。

 版権キャラクターと違って、オリキャラは作者自身に寄るキャラクターのコントロールが自在ですし、何より作った作者は 「大抵は」 作ったキャラクターにすごく愛着を持ってくれてます。
 なのでイラストを通した交流も、版権キャラクターのそれと違って、ストレートな交流ができますし、また交流を通してキャラクターが少しづつ変わっていったり、ドンドン成長に近いような、そういう進歩が見れるというのも、たまらなく楽しいものです。

 もちろんそれは、既存の世界観の中でシェアードワールドするような創作……例えば、東方オリキャラ勢にも言えることです
 実際、東方オリキャラに自分はすごく興味を持っていて、以前には西行寺涼々子という笠蛇氏のキャラクターを描かせて頂きました。
a0293131_1455062.jpg

▲西行寺涼々子
 東方妖々夢に登場する西行寺幽々子の娘という設定の、笠蛇氏のオリジナルキャラクター。
 ただ、氏のデザインでは幽々子の髪型違いという枠を出ていない(描き分けが難しい)という感じがあって、ドレスのデザインに関しては、一梨乃みなぎオリジナルのもの。
 オリキャラの交流はこういったのも面白く思う


 版権キャラクターよりもインタラクティブ性がある、と言ってもいいかもしれません。

 しかし、こうした交流や、人様のオリキャラを描いたりするときに、自分自身が一番懸念している部分、心配する部分が、原作者はどれだけこのキャラクターを愛しているのだろうか?? と言う部分です。

 先に書いたように、オリキャラを作った人のほとんどの人が、自分自身が生み出したキャラクターを愛し、可愛がっているのは間違いないのですが、その愛情は最初の一瞬だけで、ほんの一時のテンションだけであるケースも少なくないのです。

 特に矢継ぎ早にオリキャラをドンドン量産して、名前と簡単なプロフィール(身長や誕生日など!)を添えただけで、描いたイラストも1枚だけ、スグに違うキャラクターに情が移ってしまうことも少なくないように思えます。
(少なくとも、自分から見える景色はそうなのです!!)
 もちろん、そういった楽しみもあるだろうし、そう言った形で創作を楽しむというのもひとつの手段、やり方だとは思うのですが……

 ただオリキャラを通しての交流……
 人様に自分のキャラを描いて欲しい!とか、そう言った交流を求める以上は、自分の生み出したキャラクターをきちんと育てて、大事にして欲しいなと、自分は思うのです。

 何ヶ月も、場合によっては1年以上前描いたイラスト一枚、SS1本だけで、後は本人から何の言及もなく、そのキャラに付属するようなちょっとした創作も一切なく、突然肖像を見せて「オリキャラ描いて!」と言われても、個人的には「この娘は生きているのか??」って思ってしまいます。

 自分が描いて、かわいいなと思っても、その先が行き止まりでは、なんだかペンも重たいのです。

a0293131_243086.jpg

▲ちなみに、自分もアンジェさんというオリジナルキャラクターがいます。
 ただ、看板娘という扱いではない上に、あまり本腰を入れて創作をしていないので、あまりこのキャラクターでの交流はしんどいかなと思う部分があります。
 あくまでも、当サークルの看板娘は「えんじぇるこまち」です。
 ただ、彼女は既存の版権の世界観、東方Projectのキャラクターをモチーフにしているだけに、オリキャラとしての交流は、少し不向きだったりします。
(そもそも、ふたりとも交流目的で創作をしたキャラクターではありませんが!!)


 なので、どういう形でも、オリキャラを描いて!と交流を求めるより先に、作者自身がきちんとキャラクターを愛して、面倒を見てあげる……具体的には見る側に「供給してあげる」ことが、まず大事なんじゃないかなと、自分は思うのです。

 特に自分なんかは「生きている」キャラか、それとも「過去になってしまった」キャラクターかで、接するテンションがかなり変わってきてしまうので……
 もちろん、口先だけで「今でも好きですよ、今でもいますよ」って言うだけなら誰でも、なんとでも言えますからね。 それならきちんとその子を描いて、その子の今を提示するのが、やはり作者の愛のバローメーターといえるんじゃないでしょうか。
 やっぱり自分にとって、キャラクターの長い設定よりも、純粋に今いるキャラクターかどうかの方が、魅力に思ったりするのです。

 自分の好きなオリキャラには、細かい設定はおろか、名前すらついていない子も居ましたが、定期的に作者がちょこちょこ描いていて、それを見るうちに「いいな、この子かわいいな」ってなっていったものですから。
 
 とまぁ、なんとなく、人様のオリキャラや創作を見ていて、なんとなくぼんやり思っている事でした。
[PR]
by minagi_ichirino | 2014-07-04 02:21 | Free Talk
【同人】東方椰麟祭5、雑感とか
 6/29、東方椰麟祭に参加してまいりました。
a0293131_123715.jpg

 イベントも今回で五回目、途中で主催が変わってみたり、2月から6月へなったりとか、いろいろ形態を変えていますが、自分も皆勤賞の5回目です。

 以前、最初のうちは地方イベントという色が強かったのですが、最近は遠征するような人間はこのイベントを選んで参加しているし、関東からも足を運ぶ人も多いので、あまりイベントとして遠征しているという感じは、年々薄くなってきていて、まるで関東のイベントに参加しているような、そう言う感じすら感じることもあったりします。

 自分は東京から一旦大阪まで来て、そこから知人のクルマに乗せてもらい、広島まで向かうというロジスティクスでした。
 大阪は毎月のように来ているので、特にやること、行きたいところがあるわけでなく、ひたすらなかおか珈琲でスケッチブックを描いていたり、次回作のプロットを組んだりしていました。

a0293131_1321669.jpg

・なかおか珈琲では七夕のキャンペーンをやっているので、自分も短冊を描きました。
 えんじぇるこまち、より多くのみんなに愛されることが、自分の願いです。
 頑張って描かないとね。

 イベント当日は、同じ絵描き仲間のえゐみー嬢に売り子を頼みました。
 なので、途中少し抜けたりする事もできたのですが、会場内をあまりウロウロすることは出来ませんでした。
 彼女も一度サークル参加している方とはいえ、やはりちょっと売り子としては少し不慣れなところがあって、少し大変な思いをさせてしまったかなとも。

 
a0293131_1371999.jpg

・痛車展示では、えんじぇるこまちの痛車がありました。
 昨年ブレイドで展示していただいたSD氏のクルマです、一身上の都合で痛車を降りざる得ない状況になってしまい、泣く泣く昨年の椰麟祭以降、痛車をやっていなかったのですが、今回のイベント限定でやっていただきまして、自分としても感激の展示でした。
 いつか、また派手な仕様で復活させたい、それまで自分は彼女の物語を描き続けたいなと、心に誓いました。

 イベント自体は何かハプニングがあったわけでなく、サプライズがあったわけでなく、本自体も思うように売れず、ペーパーも刷った分を配布できずという感じで、自分個人の内容としてはあまりいいイベントではありませんでした。

 日頃の行い……? う~ん、反省です。

a0293131_1511917.jpg

・スケブは一部だけ受けました、リクエストで古明地こいしです。
 色も塗りました、ただ、色も持ちあわせがちょっと苦しかったかな……描き上げるのにずいぶん時間を描けてしまい、待たせてしまって少し申し訳なかった。

 イベントが終わったあとは毎年アフターイベントに参加するのですが、今年は参加せずに再び知人と合流、ちょっと食事だけして大阪まで帰りました。
 大阪ではまた、バスの時間までなかおかでのんびり過ごすという、黄金パターン(笑)

a0293131_1561937.jpg

・このオレの氷は、ミルクと濃い珈琲のブロック状の氷に、練乳をかけて頂く涼味です。
 のんびり溶かしながら食べるものなので、少し長い時間のんびりする場合に注文することをおすすめします。

 ここには掲載できないですが、この遠征の間、ひたすらスケッチブックにR18になるような、ひたすらエロい絵の練習をしていました。
 自分はあまり今までこうしたR18絵を描いてこなかったのですが、ここ暫く、本自体もあまり売れていないし、なかなか周囲の評価も芳しくない、画力に関しても、進歩はあるけれど詰まってる感じがするので、何か今までになかった、違うことを始めてみてもいいかもしれないということで、ガリガリ描いてました。
 作品としてフィードバックする予定は全くないのですが、なにか自分の足りない部分を補えるような発見があったらいいな、なんて思ってました。


 次回のイベント参加計画は、暫く置いて8月のコミックマーケット86です。
 今度は、今度こそは楽しかったといえるイベントにして終わりたいと思っております。 頑張らないとね。
[PR]
by minagi_ichirino | 2014-07-03 02:03 | Free Talk
【雑記】鉛筆削りを買いにゆく旅に出た
a0293131_19215621.jpg

・自分はラフ画をアナログ(紙と鉛筆)で描くのですが、どうもこう、納得の行く鉛筆削りがない。
 ガリガリグリグリと回す、ああいう児童用の鉛筆削りではなく、ナイフで削る、いわゆる小刀が欲しいのだけど、どうにもなくて、しかたなくカッターナイフをつかって削るのだけど、やはりどうも収まりがよくない。

 使い心地の良い、ストレスのない鉛筆削りがほしいぞ!

 というわけで、はるばる金物職人の町、三木市まで行って鉛筆削りを買ってくることにしました。
 せっかく小旅行になるのだから、ついでに大阪や四国とか、近くにも立ち寄りたいなあというのでいろいろGWにあのへんをウロウロすることにしました。

a0293131_19252612.jpg

・まずは大阪、なんばのなかおか珈琲店です。

 大阪行ったらいつも立ち寄ってる『タダモノではないコーヒーショップ』

 ちょうどレトロドリンクフェアっていうのをやってて、なにか頼もうかと思ったのですが、この日はなんと炭酸飲料は売り切れててミックスジュースを頼みました。
a0293131_19281058.jpg

 味は結構独特で酸味が強いです、ミックスジュースというと、全体的にバナナの味が強く、ミルクでマイルドな味わいが定番なのですが、ここのミックスジュースはバナナの香りがあまり強くありません。
 リンゴの風味が強い?かもしれない。 結構さっぱりした飲み口です。
 
 ちなみにコーヒーネクターやコーヒーポンチといった、コーヒー+炭酸飲料という、近年ゲテ扱いされてるメニューもトライしてみたかった…… あの類って、結構昔からあるレシピだったんですね。

a0293131_1931581.jpg

 結局この旅でなかおかは合計3回立ち寄りました。
 コレは5月新作のホットケーキ。
 ホットケーキも3回食べるという、どんだけなかおかジャンキーやねん俺。
 
・三木市は兵庫県の三木市。
 そこへ行くまでの間で、ちょうど三宮の近くを通るので、せっかくなので戦時中の船の博物館に寄ろうかなと思ったのですが…… 
a0293131_19344997.jpg

 ……やってませんでした!!(汗)
 休日休館っていうのを知ってて、言ったのは5月1日、この日は平日のはずなんだけど、GWシフトだったんでしょうかね。 また次のチャンスに……
a0293131_1936920.jpg

 仕方ないので、海を眺めて三宮、元町を去る。

a0293131_19395260.jpg

・三宮から西脇行きの神姫バスに乗ってだいたい1時間位。
 三ノ宮駅前はなかなかカオスな空間、バス待ちの時間に明石焼き食べればよかった。
 明石焼きを食べるという宿題を作ってしまったな……

a0293131_19511873.jpg

・そして辿り着いた三木市。
 道の駅に金物の即売所が隣接されているということで、そこまでバス停から歩くこと約30分でたどり着きました。

 それにしてもいい天気。

 買ったのはごく普通の肥後ナイフだけど、刃先のタイプが何種類かあり、それぞれ手作りのため少しづつ形や反りが違うので、試して持ってみたりして満足行くものをチョイス。
 これで鉛筆削り問題は解決ですね!!(笑)
 試しに手持ちの画材を削ってみましたが、なかなかの削りの切り味で……いや、その尖すぎて、怪我しないか心配です。
 どっしり感があって使いやすいのもマル、ですね。
a0293131_19571673.jpg

 満足(*´ω`*)
 
・そのあとは四国を安い切符でウロウロ。
 今まで行ったことのなかった四万十川周辺を目指します。
a0293131_2022399.jpg

 やっぱりディーゼルカーは落ち着きますね、しかしこの日、乗った列車のほとんどがロングシートで、長旅をするには随分と疲れてしまいました……

a0293131_2073514.jpg

・今回の旅で何度も利用したパン屋「ウィリーウィンキー」 
 駅周辺、食べるものがない!っていうときにいつもこのお店はやってました。
 四国ローカルなのかな?サンドイッチごちそうさまでした。

a0293131_2091244.jpg

・今回の旅の一つの目標だった宇和島駅。
 想像以上に田舎の駅でした、やはり食べるものがなく、弁当は皆売り切れ、駅前は土産物屋か、食事に時間がかかりそうなところばかり、上記のウィリーウィンキーでサンドイッチを買いました。
 もうすこし、ウロウロする時間が欲しかったかも……

a0293131_20112340.jpg

・楽しみにしていた予土線は、なんと観光列車の海洋堂ホビートレイン、いわゆる「ニセ新幹線」です。
 のんびり旅をすることを期待してたのに、GWというのもあって、お子様たちで満席、しかも観光列車なのにロングシート。
 どういうこっちゃ……
 けっか、正直あまり期待していた旅にはなりませんでした、思い出にはなりましたが(笑

a0293131_20154119.jpg

 予土線の終着駅の窪川駅。
 今回の旅で、一番良かったのはこの駅、まさに田舎の駅、想像以上に小さい町で静かな集落の接続駅です。
 こんなところからでてる土佐くろしお鉄道って、いったい何処へ行ってしまうんだろう??
 今度は宿毛まで行ってみたくなりました。

a0293131_20182814.jpg

・その日は高知まで行って一泊。
 夜には待望のかつおのたたきを楽しみました。
 いままで高知まで来て食べたことがなかったので、まさに待望……しかし、もっと、もっと食べればよかった!! 次もまた来るぞ!!
 
[PR]
by minagi_ichirino | 2014-05-07 20:20 | Free Talk
【雑記】Reebok Pump Spective OMNI
a0293131_22393431.jpg

・突然ですが、新しい靴を買いました。
 今回もリーボックです、10年来履いてきたReebokのCourt Sportが、いい加減に底が減ってきて、あちこちほつれてきたので、白のスニーカーが欲しくて買いました。
 買ったのは、Pump Spective OMNI
 ReebokのPumpシリーズは一度履いてみたかったけれど、なかなかチャンスがなかったのです。

a0293131_2247305.jpg

 靴のベロのところにあるプッシュを押すと、エアが装入されて、ちょうどいい足の形にまとまってくれるという優れものです。
 重さも見た目以上には軽めで、ソールはしっかりしてる感じ。
 持っているハイカットのEX-O Fit Plusに比べると、全体的に硬質、ボリューミーでがっちり感あります

 ちなみにEX-O Fit Plusはこちらよりもさらに軽量でソフトな感じ、シルエットも細身で、こちらとはもともと用途が違うスニーカーのせいか、かなり違うキャラクターです。
 履き分けが出来そう!

 個人的に靴底がアメ色なのが、ちょっと「う~ん」と悩ましいところですが、本来バスケ用の、インドアコートに対応してるものなので、見慣れるだろうし、こんなものかなという感じです。

・実は自分、Reebokの隠れファンで、スニーカー好きという程ではないのですが、紐靴を履けるようになってからは、基本時に一足はかならずReebokのスニーカーを履いて過ごしてきました。
(中学の時のテニス部でも、ずっとReebokのテニスシューズ履いてたのよ!)

 もちろん、長谷見のR32スカイラインGT-R「リーボックGT-R」を子供の頃見てからのファンだったりという、極めて不純な理由ですがw

a0293131_231545.jpg

 あんまり真っ白でも業務用臭がスゴイので、シルバーグレーのラインのワンポイントに合わせて、シューレースをグレーに変えてみました、ハイカットだとシューレース長は130cmあれば理想だけど、気分で出かけたABCマートには120cmのラインナップしかなくて……
 でもまぁ、一番上の穴は、基本使わないよねw

 早速コイツを履いて出かけてみよう。
 
[PR]
by minagi_ichirino | 2013-12-04 23:08 | Free Talk
【同人】東方北陸祭に行ってまいりました
a0293131_22113698.jpg

・東方北陸祭に参加してまいりました。
 スペースへ足を運んでいただきました皆様、ありがとうございました。

 今回は地元金沢の同士との合同誌「Dark Heart-東方黒魔法少女合同誌」を発行したのですが、結局この本が出来上がったのは前日の午後……大急ぎで印刷し、その日の夕方の新幹線で金沢へ向かいました。
a0293131_2220519.jpg

 越後湯沢乗り換えなので、MAXたにがわです。
 現地着してからは、今回お世話になりましたレノルス氏宅にて、当日への最終的な準備。
 値札を用意してみたり、合体サークルなので、頒布や出納について細かい部分を話しつつ、合作色紙を描いてみることにしました。

a0293131_22222129.jpg

 自分はえんじぇるこまちを描いたわけですが……他のさとよ氏、レノルス氏があまり合作に慣れていないせいか、自分のえんじぇるだけが、めちゃくちゃ目立つ色紙になってしまいました……
(まるで他のキャラが背後霊みたいになってしまった)

 イベント当日は滞りもなく会場に入場、サクッと設営して開場、そして頒布開始。
 思いの外参加サークルも少なく、時期が時期だからか、一般参加もそれほどという感じでした。
 お陰で時間が少しとれたので、普段はあまり受けないスケブを描くことに。
 リクエストが本居小鈴ということだったので……
a0293131_22295493.jpg

 画材を持ってきていたのもあって、暇に任せてこんなに気合入れて描いてしまいました。
 普段はこんなに描きませんw  大事にしてくれることを祈りますね……

 当日、ほぼ寝ずに参戦したというのもあり、イベント後はすぐに氏の下宿になだれ込みひたすら泥のように寝るというオチになりました。
 今回、合同誌にお世話になりました、レノルス氏、さとよ氏には感謝でありました。

a0293131_22344239.jpg

▲今回書いた落書き。
 色々書いたのですが、色紙やスケブで放出してしまったので、手元に残ったのはまじかるさくやちゃんだけ。
 初めて描いたのですが……やっぱ可愛いですよね、このデザイン。

 
[PR]
by minagi_ichirino | 2013-11-25 22:36 | Free Talk
【同人】東方紅楼夢に行ってまいりました
a0293131_2281620.jpg

・東方紅楼夢に行ってまいりました。
 本来は行く予定があったりなかったりと、二転三転したのですが、なんとか予定の都合をつけることが出来て、当日は既出作品の委託をしました。

 やどかり主としてお世話になりましたのはGallary CulterのCulter氏。
 同じ東方の絵描きとしては同ジャンルですが、描く作品やキャラクターの方向などがぜんぜん違うこともあり、なかなか興味深い一日になりました。

 イベント当日は、特に滞りもなく、大したドラマもなく無事終了。
 やはり、自分のサークルではなかったり、何も新しいものを用意していないと、イベント自体が淡白な感じのまま終わってしまいますね。

 手にしていただいた方、ありがとうございました。

a0293131_16331891.jpg

・大阪ということで、イベント後に単身、なんばのなかおか珈琲に突撃。
 前回食べそこねていたホットケーキを注文……ですが、10月の月替りメニューとして、なんとコーヒーホットケーキなるものが登場!!
 ちょっと香りがついてるかな?程度のものでしたが、特製コーヒーアイスも美味で……いや~、やっぱりここのホットケーキは至上でありました。

a0293131_16365089.jpg

・バスの時間まで数時間あったので、そのままなかおかでコーヒーのお代わりをしつつ、一人でお絵かきタイム!!
 最近始めた艦隊これくしょんのキャラから、夕張(シューパロ)ちゃんを練習で描いたりしてました。

 東方描いていると、メカ的なものをあまり描かないから、やはり違うジャンルのキャラを書くのは大事だなと。
 しかし、へそ出しは、もっと上手に書けるはず……!!
[PR]
by minagi_ichirino | 2013-10-17 16:40 | Free Talk