カテゴリ:Illustration( 8 )
【イラスト】セレッシャルコール総集編【カットイン】



a0293131_23434224.png
 9月いっぱいで終了した定期ゲーム、セレッシャルコールで活躍してました自身のキャラクター「アンジェリカ・トラヴァーリア」のカットインなどの総集編です。
 昨年も彼女の記事を立てましたが、ゲームも終わったことで改めて再掲載。

a0293131_23491675.jpg
▲セレッシャルコール仕様の全身絵、以前スケッチした時よりも前掛けが短かったり、ベルトやボタンでキッチュさよりもファンタジーテイストが強いアレンジ。
 今となってはほとんど見かけなくなった、インテークタイプの髪型は90年代に作ったキャラクターとしての名残……

a0293131_23520310.jpg
a0293131_23523014.png
a0293131_23524281.png
a0293131_23524928.png
a0293131_23525388.png

▲戦闘開始時カットイン、マンガのコマ風のやつはもっと色々書いて華やかにしたかった……

a0293131_23562334.png
a0293131_23571110.png
a0293131_23570479.png

a0293131_23565051.png
a0293131_23590660.png

▲戦闘中のスキルカットイン
 もっと色々描いたと思ってたけど……カオスムーン(一番上)がお気に入り、昔ARIAを描いてた頃の色合いを思い出して描きました。
 難しいよね、いつもと違うこと。

a0293131_00010755.png
a0293131_00035024.jpg

▲マルゲリータ王妃、一枚だけカットインに出てきます。
 アンジェリカはマルゲリータ王妃が大好き!!
 アンジェリカが生死の境をさまよってる時、ゲーム内でも頑張ってくれました。
a0293131_00011511.png
▲勝利時カットイン、結構最初の頃に描いた割に、そのままエンディングを迎えたカットインです。

a0293131_00054816.png
a0293131_00052235.jpg

▲アナヘラ・ブラックウィンド
 アンジェリカのいわゆる悪堕ち、ダークサイドの側面、名前は例によってブラックウィドウの捩りから。
 もっと出番が多いかなと思いましたが、やっぱり交流ゲームでこう言うタイプのキャラクターは難しいですね……
 コレももっと描きたかったスタイルの一つ。

a0293131_00092902.jpg
・バニーガールにもなりました、彼女の相棒(?)のセラフィアの困った姿も描きたかった……
 ちなみに単純にバストだけならセラフィアのほうが大きいのです。
a0293131_00152246.png
またどこかのゲームで会えるといいな、なんてね。

[PR]
by minagi_ichirino | 2017-02-03 00:23 | Illustration | Comments(0)
【雑記】アンジェリカ・トラヴァーリア
a0293131_23221064.jpg

 今年になってこんなに描くと思わなかったアンジェリカ。
 2年ほど前に掘り返して、デザインしなおしてみたものの、塩漬けになってしまっていた彼女を某定期更新ネットゲームで、動かしてみようと思った所、もともと思い入れのあるキャラクターだったこともあり、今年最も書いたキャラクターに。

a0293131_23263133.jpg

 彼女の名前はAngelica Travaglia(アンジェリカ・トラヴァーリア)
 意思と自我を持った二冊の本、赤い表紙の「アテナ」 青い表紙の「ケンタウル」 を使って戦う中学生の女の子。

a0293131_23294528.jpg

 変身ヒロインとしてデザインしたけれど、ゲーム中ではあまりその特性を生かせなかった。
 けれど、なかなか魅力的に振る舞えたんじゃないかなと思う。


 本当はおとなしくて、少し一歩引いた子というキャラクターのつもりだったけれど、描いた表情も豊かでとにかくよく笑う子になった
 
 ゲーム内ではヒーラー(回復役)として立ちまわったけれど、プレイヤーの自分自身がゲーム中の「ヒーラー」というアビリティそのものに、疑問を持ってるのもあって、なかなか複雑な部分ってあったと思う。

a0293131_23312258.png

▲カットイン「カオスムーン」
a0293131_2331183.png

▲カットイン「シンフォニア」
a0293131_23323291.png

▲カットイン「ウェルフェア」
a0293131_23325814.png

▲カットイン「デイドリーム」

 アンジェリカは「魔法少女」という定義もあって、ゲーム内で心がけたのは女の子らしさ。
 僕自身があまり女性に対して深い理解があるわけではないけれど、いわゆる女児向け作品を見たり、感じたりする中で、ぼんやりと感じ取れた女の子像を、フレーバー的に投影できた部分あるんじゃないかなと思ってる。
 ちょっと自由奔放さがあって、恋心を持ってみたり、可愛いドレスに身を包む嬉しさや喜びを話してみたり。

a0293131_23463668.jpg

 アンジェリカといえば、高いハイヒールにすらりとした長い足。
 本当の自分は病気がちで、友達も少なく自信がなくて、俯いてしまう気持ちを押し上げてくれる、魔法の靴。
 ちょっと痛いけれど、でもそれ以上に気持ちに翼を授けてくれるもの、とはアンジェリカの弁。
 
 親しい仲間なら、その足音で彼女とわかるような、軽やかな足音を立てながら、颯爽と胸を張って歩くのがアンジェリカ。

 
a0293131_011673.jpg

 紆余曲折あって、ゲームの世界から去ってしまったけれど
 ……第二章の物語があるかもしれない?
[PR]
by minagi_ichirino | 2015-12-02 00:02 | Illustration | Comments(0)
【イラスト】京都で書いた落書き
・タイトル通り、京都の喫茶店や休憩所で書いたりしてた落書きです。
 前回の日記にも載せた、コスプレ小町の続編みたいなものです。
 画材は鉛筆、ボールペン、色はコピックです。

a0293131_1405981.jpg

▲加賀ロリ小町
 ちょうどこの当時、加賀ロリネタのニュースがあったので、ロリータファッション系アレンジを描いてみたいというので、描いてみました。
 青色、ちょっと派手にしすぎたかな……

a0293131_1445639.jpg

▲えんじぇるロリータ風
 同じページに書いたえんじぇるこまちのロリータ風アレンジ。
 なんかちょっと豪華になって、パワーアップ感が・・・これはらくがきじゃなくて、CGでも描いてみたいところ

a0293131_146797.jpg

▲ぷりんせすゆゆこ
 未登場のえんじぇるこまちのキャラクター、第三の魔法少女の幽々子です。
 右下のは色鉛筆の練習も兼ねて、色鉛筆メインで描いてみたイラスト。
 色鉛筆はまだまだ勉強途中で難しいね。

a0293131_1514787.jpg

▲こちらは帰宅してから書いた、知り合いの守島さんの東方の魔法少女ネタアレンジ「レイムファンタズム」
 これも色鉛筆の練習でしたが、やはりむつかしい、色が薄っぺらくなってしまうな……

 アナログ絵は色鉛筆をもうちょと極めたいので、もう少し頑張ろう!!

 
[PR]
by minagi_ichirino | 2013-03-10 01:53 | Illustration | Comments(0)
【イラスト】西行寺涼々子とは……
 東方Projectの世界観でオリジナルキャラクターを動かしたりしている、いわゆる東方オリキャラ勢に興味があって、Twitterでのひょんなことからの話から、笠蛇さんのオリジナルキャラクター、西行寺涼々子を描いてみました

a0293131_4235471.jpg
・描いてみたとは言っても、オリジナルを踏襲したデザインではなく、自前でアレンジを加えた仕様で、笠蛇さんのオリジナルとは似ても似つかない感じになってしまいましたが(汗

 話を聞いてみると、幽々子の娘に当たるキャラクターで、まだまだ幼い幽霊の娘という感じをイメージ。
 ぽよぽよした感じの、どこか間の抜けた感じの性格で、間抜けなぱんちらができるとかわいいよね、というドレスデザインにしてみました。

 笠蛇さんもこれを気に入ってくれたみたいで、見ての通り、ラフにざっくり色を載せたスケッチのようなイラストですが、お互いWinWinの感じになったようで、自分としてはスゴく楽しく描けた1枚となりました。

 とは言え 「東方オリキャラ」 っていうのは、自分の想像していた世界とは違う部分もあったりして、ちょっと自分の居る世界ではないかなと感じる部分もあり、なかなか描いてみて気づく発見もありましたが……

a0293131_4302334.jpg
 自分のイラストをとても喜んでもらえたのは素直に嬉しくて感激でした。
 久しぶりに「お絵かきが楽しい」という気分になったといいますか……

 自分は小野塚小町が好きで、彼女をメインに描いているのだけど、自分が小町を描かなくても、ボクよりももっと上手で有名な絵師も描くわけだし、自分のイラストが、彼らのイラストよりも魅力的かどうかと言う部分に、強い劣等感を抱いていました。

 えんじぇるこまちというボク自身が生んだ小町の亜種的なキャラクターもあるのですが、彼女も周囲を見渡してみて、どれだけの人が彼女を見てくれているのか、いつも疑問を持っている部分もありました。
(実際、同人誌の売上はあまり芳しくないのです……)

 ボクの絵や作品が好きだ、という人は本当に居るのだろうか?

 もちろん言葉では優しく、慮ってくれて 「好きだよ」 と励ましてくれる人も居て、彼らのその気持ちには感謝はしているけれど、優しい彼らは彼らで、ボクではない、別のキャラクターや絵師が本命、ナンバーワンにいて、本当にボクの絵や作品が好きで言っている言葉なのか、めんどくさい人間だからという義理で言っている言葉なのか、どうしてもそこで疑いと虚しさを感じていました。

 同人活動に疲れてしまったのも、そう言う部分にも理由があったりします。

 極端な話、即売会へ行ってもすべてが嘘にみえてしまうというような……

 しかし、この涼々子を描いて、直接笠蛇さんとやり取りしていて、自分の作品を喜んでもらえるという幸福感と、楽しさを思い出すことが出来ました。
a0293131_457141.jpg

 今までもリクエスト絵や他の人の好きなキャラや、誕生日絵を送ったりと交流することはあったのですが……
 リクエスト絵は 「本当はどうでもいい絵師だけど、ただで描いてくれるなら描いて欲しい」 というような、乞食根性みたいなものにウンザリしていたし、結局自分が一生懸命、他の人の気持ちに沿って描いたところで、本命の絵師は他にいて、ボクの絵で仕方なく我慢しているというような、心も目線もこちらに向いてないんだなって感じることが多く、絵を描いても「楽しい」と感じるよりも、虚しさばかり感じていたのです。

 やっぱり、自分の描いた作品を、誰かが見てくれて、好きになってくれるのは、この上のない幸せなことだなぁと思った、そんな一筆でした。

 まだ、同人活動に対しても未練を持っている部分もあって、やっぱり早いうちに私生活を軌道に乗せて、同人活動をまた再開させたいと、思っております。
[PR]
by minagi_ichirino | 2012-11-21 05:08 | Illustration | Comments(3)
【イラスト】アンジェリカその後
 少し前に描いたアンジェリカというオリジナルキャラクタ。

 この子なんですが、単純に交流目的という枠を超えて、少し、何か、作品にならないだろうかと、細々と構想を進めております。
 しかし、アンジェリカはもともとTRPG用だったり、異世界ファンタジーとして組んでいたキャラクタなので、ヴィジュアル面だけでなく、全体的な設定も全面的に作りなおさないといけないので、もうほとんど別キャラとして生まれ変わってしまう感じになってしまいましたが……

a0293131_2323557.jpg

▲そんな中でガシガシと組んだ新生「アンジェリカ」さん(変身後)
 彼女は白を基調にしていたのだけど、思い切ってブルー基調に変更。
 これは彼女と一緒に作品に登場させる予定の「モモちゃん」が、ピンクの暖色系カラーに対してのコントラストを意識しています。
 
 ドレスのデザインは、シスターさん風+不思議の国のアリスをイメージ
 ブルーのドレスに白と黒のアクセントはアリスカラーですねん。

 まだ構想の段階ですが、舞台は現代だったり学園モノだったりという、そう言う感じのを想定。
 主人公は彼女アンジェリカではなく、モモちゃんの話
 彼女の友人(主役の一人)としてアンジェリカを登場させようと、そう言う感じでアイデアを組んでいます。

 
a0293131_2343193.jpg

▲制服姿と小物部分の設定資料
 
 モモとアンジェリカの二人は「魔法少女」で、変身して戦ういわゆる「バトルヒロイン」モノの話
 ただ、これに関しての着地点は、多分「悪の組織」というような、何か大きな、具体的な悪を退治するものではなくて、街や社会に潜む「不思議」を解決するような、そう言った感じのスケールの話で考えています。
 少女が決意を胸に世界を救うような、そういう壮大なスケールにはしないと思うけれど……

 二人は一応中学生くらいをイメージ、12~15歳くらいかな。

 現在進行形で執筆している「死神天使えんじぇるこまち」とは、変身ヒロインって部分では一緒のジャンルになるけれど、作品の持つ特性やストーリー(つまり表現したいことね)は異なっていて、こちらを書き進める上で、えんじぇるこまちを打ち切る予定は全くないです
(むしろ執筆のプライオリティはえんじぇるこまちの方にあります)

 変身は小瓶に入った魔法のキャンディをお互い持っていて、それを口に入れる(食べる?)ことで、魔法少女に変身します。
 魔法のステッキみたいなのはない!

 ほか、彼女についてのプロフィールはこちらをクリックしてみてね。
アンジェリカ・トラヴァリア設定資料1(変身後)
アンジェリカ・トラヴァリア設定資料2(制服姿・ディテール部)

(そんな物好きがどれくらい居るのか怪しげですが……)

 目標としては来年のコミティア(春以降?)あたりで1冊……40Pくらいの同人誌が発行できればいいなぁという感じで構想を進めております。
 作品タイトルも、最初のストーリーもまだ未定。
 舞台についてもこれからまだまだ考えないと。
 なにかこんなのがいいなぁ、こういう話が読みたいなぁ、という意見があれば、参考にしたいところ!
 
[PR]
by minagi_ichirino | 2012-10-31 00:01 | Illustration | Comments(0)
【イラスト】色紙を描きました
a0293131_0211340.jpg
▲カラー色紙を描きました。
 画材は主にはコピック、背景のブルーの部分はカラーインク(ドクターマーチン・ラディアント)、色鉛筆とかも少々って感じです。

 もともと紅楼夢のイベント用に色紙を描き進めていたのですが、間に合わなくて、結局当日持っていかなかったのですが、途中まで描いていたので、せっかくなので……と言う感じで完成させました。
 この小町は、東方茨歌仙12話に出てくる小町のドレスです。
 スカート周りのデザインが結構凝ってていいよね。

a0293131_0245777.jpg
・最近色紙はこんなかんじで、先に画用紙にキャラクターを書いてから、それ切り取って色紙にスプレーのりで貼り付けるようなやり方を用いています。
 色紙で難しいところが、本来イラストを書くために作られたものでないものに、カラーイラストを描き込むということ。
 コピックのToo.が出している、コピック用色紙なんかは比較的書きやすいのですが、それでもカラーインクのドバドバ水を使うような描き方では、色紙自体が上手く水に馴染んでくれずに、おもうような発色が出ない場合も多いのです。

 というのもあって、キャラクターは先に画用紙に書き込んで、それを色紙に貼り合わせるというような、切った張ったの工作をやってみたのです。
 これは切り方なんかも表現の一つになりますからね、今後もうちょっとこのへんを追求してもいいかもしれません。

 ちなみにこの色紙はユザワヤで10枚500円とかいうバルク品みたいな感じで売られてたもの。
 水墨画用?みたいなのですが、めちゃくちゃ水吸います。

a0293131_0313652.jpg
 ・背景の水色(ピーコックブルー)にピンク色が混じっているのは、彼岸花の花をイメージ、色鉛筆で花弁を書き込みました。
 目や髪の毛のハイライトの部分はポスカの白でチョンチョンと。

 しかし、ちょっと構図やポーズが無難すぎるものになっちゃったかな。
 もう少し勢いがある感じを追求しても良かったかもしれません、顔もちょっと小さいしね。
 パースを上手く効かせて、フカン、アオリを書き込めば、上手く全身見せられるのかも。

 色に関しては全体的に上手く行ったけど、白の布地の部分の影を、W02、W04を中心にまとめてしまったので、色的にちょっとくすんでしまいました。
 やっぱRVとか紫系の色を選んだらもうちょっと印象は変わったかも。

 しかし、イベントが終わってから完成とは、ほんとうの意味で後の祭り。
 どうしようかなコレ、誰か欲しい人居たら渡してもいいのだけれど……いないかな?

 
[PR]
by minagi_ichirino | 2012-10-16 00:42 | Illustration | Comments(0)
【イラスト】博麗小町
 フルカラーイラストを描きました。
 テーマ的には博麗霊夢のドレスを着てる小野塚小町。

a0293131_223990.jpg
▲クリックするとPixivに飛びます、ちょっと大きいサイズがあります。

・元々はこれ、夏コミで売り子をして下さったびあんこさんの企画で、小野塚小町に東方キャラの他のキャラのドレスを着せてしまおうという企画。
 他の方がいろいろ先にあげていたのですが、主役の「博麗霊夢」がまだ上がってなかったのもあって 「よーし、俺が主役やっちゃるけん!」 という感じで、彼女を描いてみました。

 ……とは言えこの絵のラフを取り組んだのは、紅樓夢の原稿やらで忙しかったり、気温が高く、暑がりな自分にはなかなか集中しにくい時期。
 実は、あまりキャラのポーズや構図、デッサンなどは穴が多くて、個人的にはちょっと苦笑いな出来って感じです。

a0293131_2284879.jpg
▲背景、グロー効果レイヤーなしのキャラ絵

・キャラのドレスをどう着回すかのアイデアとしては――

1:上着はぎりぎり乳首を隠せてる程度にしてみる
2:スカートはスリットと言うよりも、前後で別パーツで紐でつないで、ひたすら足を見せたい
3:ニーソ(脚)を追求したい

 このへんが最初に、表現したいなぁというポイントがあって取り組んだのですが、やはり霊夢のドレスは描き慣れてなくて「描きどころ」が手探りで、少しぎこちなさが出てしまったかなと思います。

 塗りに関しても、ラフ、線画において隙が多くて、もっとバキバキ塗り分けをキメた感じにしたかったのですが、それが上手くまとまらず、ナチュラルな厚塗り寄りの塗りに逃げてまとめてしまいました。
 グロー効果でギラギラ光らせてしまったのは、イラストの見栄えを上げる誤魔化しみたいな感じで、当初の思い描いた完成図は、こんなにグロー効果で光らせるつもりはなかったりしました。

a0293131_2462283.jpg
 足にかかった紐の部分なんか見せ所のつもりだったんですが、この効果レイヤーのために、すっかり絵の中で影が薄くなってしまい 「脚」を追求するって部分で、ちょっとうまくいかなかった感じです。

 ただ、効果レイヤーや、フィルタ関係は色々練習にはなったかな、縮小、サムネイル化した際の見栄え自体も綺麗になったので、そう言う部分では上手くまとまったかなと思います。

 背景に関してはもともと「キャラ絵」って割り切って書いてたので、こんなもんでしょうかって感じです。
 このへんの、がっつり書き込まない背景も、もっと引き出し増やしたいなぁ。

 
[PR]
by minagi_ichirino | 2012-10-04 02:47 | Illustration | Comments(0)
【イラスト】ナウ・アンド・ゼン
最近Twitterの交流から、色々とひらめいて、こんなキャラクタを描いてみました。
a0293131_2258678.jpg
・彼女の名前は「アンジェリカ」 ボクのオリキャラです。

 そもそも、オリキャラを創作目的でなしに描くことに抵抗があったり、今昔のコミティアや東方の同人事情を垣間見ている身としては、オリジナル創作に関して若干なりの疑問があって、彼女を描いていて、色々と複雑な思いや気持ちがあったりしましたが、いざ描き上げてみると、なかなか気にいってます。 



  彼女はいわゆる魔法少女的な変身ヒロインで、もう一人のツイ友の方の「モモちゃん」て子の相方を想定してデザインしました。
(モモちゃん絵はこちら)



 ――とまぁ、こんな感じでざっくり作ってみたんですが……
 実はこのキャラクタ、覚えている方はもう居ないとは思うんですが、大昔に作ったオリキャラのりメイクなんですよね……
▲実はこのスケッチを描いたのは中学3年生の頃で、今から15年前のこと。

 自分の小説に登場するキャラクタで、当時仲良かった友人と二人でああしようこうしようって話しながら作ったのを覚えています。
 この頃描いてた小説やTRPGには、夢中になって無数にキャラクタを作ったりしてみたのだけど、このアンジェリカって子は、自分の中でもとりわけ印象深いキャラクタだったり……

 結局、いつの間にかオリジナルは書かなくなって、そのうち小説からも足を洗い、今はイラストやマンガで二次創作をやるようになりました。
 あのアンジェリカから15年、ちょうどコミケに参加し始めて今年で10年。
 そういえば今の個人サイト「こくーん」も開設してからちょうど10年
 10年前に開設した時、その時のはじめてのトップ絵はなんとアンジェリカでした。  

別に狙ったわけではないのですが、考えてみれば妙な偶然? 
 思えば10年で随分変わったものです。

(Mixi日記より転載)
[PR]
by minagi_ichirino | 2012-06-14 00:00 | Illustration | Comments(0)