【チャリ】奥多摩周遊道路を走る
a0293131_11112040.jpg

 普段は仕事柄、土日が休みになることなどあまりないわけですが、たまたま予定変更で日曜日に休みがいただけたということで、以前から一度は走りたかった「奥多摩周遊道路」を自転車で走ってまいりました。

 奥多摩といえば、子供の頃……たしか小学四年生のとき、クラスの担任が登山が好きな方で、自分の父親も登山家だったというのもあり、何度かクラスの物好きな人たちと一緒に、奥多摩の川苔山、御嶽山、秋川渓谷など、何度か登山に来たことがあった思い出の場所の一つでもありました。
 もう20年ちかく訪れていなかったのもあり、また行きたいなと思っていた場所だったのです。

a0293131_11151895.jpg

 中央本線から青梅線をを乗り継いで奥多摩へ、拝島を抜けてからは東京都とはいえすっかり田舎の景色で、青梅なんかも車窓を見ていて「こんなに田舎だったっけ……?」というイメージでした。
 多分、子供の頃の青梅駅は側線が今よりいっぱいあって、貨物列車なんかも止まっていたから、たぶん今よりリアルに大きかったんだろうなと思ってみたり……

a0293131_1119157.jpg

 今日はBianchi仲間のJasper氏と一緒に。
 自分はFlecheでも走らせたVia Nirone7 新旧コンポのチャンポン仕様、サドルをいつもの軽量仕様に戻して、装備も結構下ろした、ショートヒートバージョンです。
 Jaspar氏は結構珍しいB4Pグレードの928T-Cube チームバルロワールド仕様。

 輪行から組み立てて走り始める前にとりあえず、有名なコンビニ終点へ。

a0293131_11255460.jpg

 一応東京都最西端のコンビニだそうで、ここを過ぎると山梨県までコンビニがないそうです、峠もそこそこ距離あるので、買うなら今だぞ的な。
 田舎に良くあるデイリーヤマザキなのですが、ここのデイリーはなかなかホスピタリティが充実していて、店内も綺麗で近代的な感じでした。
 さすがコンビニ終点を名乗るだけある。
 ドーナツが美味しそうだったので、なんとなく買ってしまう、食べてしまう。

 国道411に沿って小河内ダムまでタラタラと軽い(?)上り、アウターで登れるような感じの上りですが、そこそこの勾配があるので、インナーに落とすか否かの読み合いです(笑)
 道の舗装もよく、交通量はこの日は日曜日ということで、ツーリングなどの行楽客でそこそこという感じ。

 ダムが近づくと廃線跡も見えました。
a0293131_11391436.jpg

 コレが小河内ダム、この日は天気が非常によく行楽日和というのもあり、気分が良い開放感です。
 それほど大きいダムではないという話ですが、それでもなかなかのもの。
 タイミングが良いと放水も見られるそうです。

a0293131_1137071.jpg

 少し行って、ダム湖である「奥多摩湖」で小休止。
 この景色はヤビツから登って行った宮ヶ瀬湖なんかにも近いムードがありますが、あちらよりも山がちかくて、道もナローな感じなので、険しい山岳をイメージさせる感じはします。
 
 途中でR411から県道266「奥多摩周遊道路」へ、湖岸から離れるといよいよの上り「風張峠」へ。
 Flecheで走っていて、このVia Nirone7が意外と登れるということを知ったので、えっちらおっちら気分よく上ります。
 だいたい登坂距離は10kmくらい、もうちょっとあるかな?
「うわああ、こりゃダメだ~~」っていうような激坂は途中にないものの、基本的には7~8%の上りが休む所なく淡々と続く感じです。 なかなかに厳しくて大変。
 
 途中の駐車場で一休み。
 しかし、ちょっと頑張りすぎたのか、自転車を降りると足がガクガクです(汗)
 思えば、半年近くまともなヒルクライムしてませんでしたね……最後に登ったのは昨年の9月の道志みちが最後だったかも……??(道志みちは平地)
 
a0293131_1155630.jpg

 奥多摩湖を見下ろして写真。

 この第一駐車場から更に2kmくらい登ってだいたいピーク、そこから尾根を少し走り、ちょっと下った先にあるのが檜原村「都民の森」というレジャー施設です。
 ここまでくれば上りはほとんどなく、あとは下って行くのみ。

a0293131_1211063.jpg

 都民の森は五日市側から登ってくるローディが多く、非常に賑わってました。 売店や自販機もそれなりに充実。
 奥多摩側からはあんまり登らないんですかね~と話すと「基本、五日市の方が近いからね~」と言うお話。
 確かに、立川から奥多摩まで1時間かかりますからね……
a0293131_123297.jpg

 団子を食べました、味噌味です、300円なり。
 さすがに標高が高く、あんまり休んでると風が冷たく冷えてしまうので、それなりにさっさと退散。
 武蔵五日市駅を目指します。

 檜原街道を下ってゆく道は快適で、やや向かい風だったものの、景色もよくなかなか楽しい道すがら。
 やはりこの季節、新緑も綺麗で、なおそれなりに標高があるところなので、八重桜が満開で綺麗でした。
 秋川を見下ろすところも豊富で、もう一度走りたい道。

 因みにVia Nirone7で走るダウンヒルは初めてですが、あまり癖がなくてこなしにくい感じはなかったですが、やはり廉価帯のモデルだけあって、スピードが出た状態では剛性感がどうやら不足してるのもあって、コーナリング中の動きに安定感がもう一歩欲しいなという感じでした。
 個人的に剛性感てダウンヒルでの動きが顕著って言う感じがありますね……

a0293131_12112068.jpg

 たどり着くのは武蔵五日市駅、ここまでくれば秋川渓谷はおしまい、ちょっとした郊外と言う感じですが……武蔵五日市駅ってこんな駅でしたっけ!?
 なんか四国の駅みたい……(奈半利駅とか御免駅みたいな)というのが第一印象。
 そもそも、小学校の頃来た武蔵五日市駅は地上駅だったようなという記憶だったのですが、かえって調べてみたら、96年に高架駅化していたんですね。
 来たことがあるのは92年だったので、改修直前の頃だったんですね。
 通りで記憶と違うわけだ……駅に入っていた神戸屋でパンを食べる。

 その後は新奥多摩街道を走って立川まで。
 この日はだいたい80km程度のサイクリングなので、朝早かったのもあり、夕方前には輪行で家路へ付きました。
 ここしばらくかなりガッツリライドばかりだったので、なかなかレジャー感あって楽しかったです。
 また来たい奥多摩。
a0293131_12171710.jpg

[PR]
by minagi_ichirino | 2015-04-27 12:17 | Bianchista | Comments(0)
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

<< 【チャリ】チャレンジ600km 【チャリ】Fleche日本橋に... >>