人気ブログランキング |
【チャリ】18-19茨城シクロクロス第1戦 城里町うぐいすの里
a0293131_00501024.jpg

 いよいよ到来したクロスシーズン。
 シーズン開幕戦である茨城シクロクロス第1戦城里町うぐいすの里に参戦してまいりました。
 今シーズンのカテゴリーはC3からスタート、しかし周囲のレベルや自分の仕上がりも未知数なので、今回は特にこれといった順位やポジションの目標は持たずに、とにかく怪我せずちゃんとゴールするというのを目標にして参戦しました。
 いつも通り、もう一人のチームメイトと共に早朝に出発し現地入り。
 茨城の場合C3は朝一発目のレースなので、このへんもコンディションが合わせづらい……早くC2に上がって、このカツカツスケジュールから開放されたい。

 実は先週のブルベも本調子ではなく、やはりブルベ後に少し風邪をぶり返してしまい、そう言った仕上がりの遅れもあり、事前の小貝川での練習も出来ずに、ほぼぶっつけ本番の状態。
a0293131_00500641.jpg
 自転車はいつもの東洋フレームのCX-S「ダートバンシー」

 前シーズンからの変更点としては、ホイールをワイドリムのちゃんとしたのに交換したというのと、ステム長を1cm延長しポジションを見直しました。
 ハンドルを引きやすいようにというのが目的、というか平地や登坂でのシッティングでは、ちょっとハンドル高いのよね……
 それから上手く使えなかったクロスレシオの12-25Tから、スプロケットを常識的な11-28Tに変更。

 コースは何度か走ってるうぐいすの里ステージですが、コース変更が結構あり、舗装路の5~6%の登坂が2~300mほどあるというのが大きい変更。
 冒険の丘の沢登りのルートも変わっており、よりハードさを増したコースになりました。

 到着し、歩いてコースを軽くチェックした後、7時からの受付後、チームメイトより一足先に即試走開始。
 事前にグラベル路での練習をしてなかったので、イメージチェックのため、ややレースを想定したハイペースで試走。
 ドロップオフや切り返しで伸びたステムのハンドリングや操縦性、ギアレシオのチェックなんかも。
 当然、ゆっくり走っている人も多いので、完全にレースのようなという感じでは行かないものの、想像以上にコースがハードで、あっという間に心拍は限界突破。
 2周回で引き上げて、拠点に戻りレースの準備に。
a0293131_00501301.jpg
▲コースの一番の難所の下りヘアピン、コケると絶対痛い!

 試走中にも難所で何度も落車の場面にでくわし、コースも非常にハードでツイスティ。
 更に前日までの降雨により、スリッパリーな局所も目立ち、レースは荒れるだろうなと予想。
 同じく試走を終えたチームメイトと、準備をしつつ「とにかく開幕戦だし、ここからシーズンの連戦もあるし、大事に行こう。特にレースは荒れそうだし、丁寧に行こう」という作戦でスタート地点へ向かいました。

 スタート地点では、何人かのシクロクロッサーとも再会し、久しぶりに談笑しつつお互い健闘を誓い合い、スターティンググリッドへ。
 自分はゼッケン17番で、3列目のグリッドからのスタート。
 ここしばらくはアウトサイドからが上手く行ってるのもあって、ややアウトサイド気味にグリッドを陣取り、号砲を待つ。
 久々のレースに、緊張しそうになるが「信号待ちで青に変わるのを待つ気持ちで……!」と思い込み、状況に集中……いざスタート!
a0293131_00495948.jpg
 クリートキャッチはOK、初速は良いが、スタート直後にいきなり登坂があるため、ここでいきなり踏み切っても、絶対にタレてしまう。
 周囲ががんがんに踏み込んで、抜かれてしまうが、ここは付き合わない!惑わされるな!と言い聞かせ、敢えてのポジションダウン。
 リズムを崩さず登坂セクションを突破を念頭に、前の人について行き、周囲が予想通り上りでペースを落としたところを、ジリジリと追いつき幾つかポジションを戻す。
 登坂を終えて、プールサイドを周り大きく右へヘアピンカーブ、更に上り冒険の丘のグラベルセクションへ。

 ちらりと横を見ると、マイルポストの塙さんが大きく遅れて下がっていくのが見えた、前輪がパンクしていると瞬時にわかった。
 なんてこった! 彼、レース前に後輪がパンクしたとさっき話してたのに、今度は前輪か!
 哀れだなぁ……と思いつつ、冒険の丘のダウンヒルを下る。
 ペース的には周囲の走りに比べ、自分は余裕があるが、無理に前へかち上がらず、落ち着いて展開しようと言い聞かせる。
 今回は順位を争わないでいこう、ここでひっくり返って怪我をしたらシーズン全体に響く、とにかくレースをまとめよう……

 沢登りのセクションでも、前の人へ淡々とついていくが、やはり想像以上にキツイ。
 やはり本調子じゃない、これくらいで心臓が爆発してしまうのは、しんどいな……
 
 レース前の予想通り落車が多く、レースは荒れ、何人かひっくり返った人や、ラインを誤った人を抜いて前に上がっていく。
 こちらはカーブではあまり攻めずに、とにかくマージンを取った走りに徹した。
 速い人が来ても競り合わずに譲る……というより、競り合う元気がとにかくなかった。
 
a0293131_00502711.jpg
 このコースどこを走っても休めるところがなく、隙がなく何とか一周まとめようと集中力を保つので手一杯。
 途中10番手前後まで上がり、何人かのパックで競り合うものの、とても心臓がついていかず、パックから脱落。

 それからはひたすら防戦一方……落車した人やミスした人を抜いては、追い上げられて、あえなくまたポジションを譲るというようなそういう展開。
 沢登りは地獄のように辛く、芝で休めば後方に一気に詰められ、舗装路ではキツイ登坂があり、もう2周めの中盤からは「次のコーナーで落車してリタイアしようか……」という誘惑と戦い続けるような気持ちで走り続けた。

 その辛さは視界がブラックアウトしてしまいそうなほどで、身体がひたすらに重く、もう誰かとレースするような状況ではない!!
 とにかくミスをしない、ミスをしないように、前を見る、集中する、ちゃんとハンドルを切る、クリートもちゃんとキャッチする、ラインも正確に……もうそれで手一杯。

 へろへろになって辿り着いた最終ラップ、コース終盤でさらに一人ぶち抜かれるが追いかけられる元気もなく、ただただ背中が小さくなっていくのをぼんやりと眺めるばかり。
 後ろを見れば、誰か追い上げられてきている……なんとか、なんとか逃げなくては……
 芝のセクションもよろよろと走り、チラチラと後ろを振り向きつつ、なんとか差をコントロールしてフィニッシュ。

 とにかく辛い、辛いレースだった……

 計測チップを返す元気もなく、なんというか、とにかく人間としての形を保っていることで精一杯というレベルとまで追い込んでのゴールでした。
 途中、ギャラリーに言われてた順位を考えれば20位くらいだろうか?と思ってたものの、順位は16位(43人中)ということで、思いの外悪いポジションではなし、そう思えばちょっとがんばりが報われた気がした。
 ちなみにチームメイトは30位でフィニッシュ、自分以上に打ちのめされたレースになってしまっていた。
a0293131_00540697.jpg
 今回の敗因は、ロングライドはやっていたから、ベースは出来てたにしても、とにかく高負荷で走れてなくて、更に風邪もあって呼吸器がしんどかったということ。
 肺にかかる負担を処理できなかった。
 これは体調自体が戻って、きちんと高出力、高負荷の状況で練習できれば、割とリカバリーできる部分だと思うので、そこまで深刻ではないかなという楽観的な見解。

 レースそのものは、だいたい作戦通りには走れたし、落車もなく、大きなミスもなく、ライン取りのミスもほぼ最小限で、ペース的にも非常にステディに走れて、1レースまとめることが出来たのは成果だった。
 何よりレース勘自体は冴えていて、体がそれについて行かず脱落したものの、概ねレース展開や、局面局面では、予想していたりやりたいことが出来ており、順当に行けばそこまでアグレッシブに行かずともトップ10でゴール出来ただろうなという部分は自信になった。

 次回のレースは10/8の取手・小貝川ステージ。
 昨年はカテゴリー優勝している、相性の良いコースなので、ここでは勝負に絡むレースを展開したい。 

(お写真は斎藤高史さんより!)

by minagi_ichirino | 2018-09-25 00:58 | Bianchista
<< 【チャリ】18-19茨城シクロ... 【チャリ】AJ千葉BRM615... >>