人気ブログランキング |
<   2019年 01月 ( 2 )   > この月の画像一覧
【チャリ】18-19茨城シクロクロス第3戦 城里町ふれあいの里
a0293131_02165785.jpg
 茨城シクロクロスの第3戦、城里町ふれあいの里ステージに参戦してまいりました。

 このコースを走るのはコレで3年目で3回目、イメージはなんとなく出来ているものの、正直得意とは言い難い難しいコース。
 例年ある階段はまぁ良いのだけど、とにかく巨大キャンバー区間があまり得意ではなく、コースにとどまるので手一杯。レースどころではない。
 今年は長い階段が封印され、代わりに外周のキャンバー区間を使って登ってくるという、未知のコースレイアウトになっていた。

 いつもはチームメイトと一緒に現地入りするのだけど、彼は今シーズンからENS(エンデューロナショナルシリーズ)の方にフォーカスしているのもあり、その都合で、この城里町と、次回の前橋CXはカレーハムスターは自分単騎参戦の予定。
 ついでにカレーハムスターも今シーズン一杯で解散の可能性も高く……もともと、なんなのか、形があるのか無いのかよくわからないチームではあるのだけど(汗

 そういうわけで、今回はブルベで知り合ったマオさんにお手伝いを頼む都合で、朝は逆方向の練馬までお迎えに行き現地入り。
 お車は先日兄貴から譲ってもらったホンダのFIT(老体)
 高速道路をちゃんと運転するの本当に久しぶり(汗)
a0293131_02170358.jpg
 だいたい予定通りに到着したものの、結構時間的に余裕が多くあるわけでなく、すぐに着替えて、アロマオイルを塗りこみ準備して、すぐに試走。
 昨年は雪が残っていて、なかなか難しい感じだったけれど、今年は細かいところのレイアウトがやらしい感じになっていて、昨年以上にテクニカルな印象。
a0293131_02181877.jpg
 特にコース後半、キャンバー区間やドロップオフの部分、通称「メーメー坂」上りの区間は、もうほんとどうやって走っていいのやらという感じで、3周ほどいろいろ試してみるものの、全然コレだという動きがイメージできず。
 出走は30ちょっと程度だろうと読んで、手応え的に10~19位程度の順位でゴールできれば上々じゃないかなという感じに……

 江橋さんや塙さんともピットが近く挨拶して、先に走るC3を観戦。
 C3も案の定荒れたレースに……

 レース後に談笑してたら、スタートの招集時間をやや過ぎるという失態で、最後方スタートに……他カテゴリと混走だとあんまりわかってなくて、勘違いしていたのが原因。
 グリッドインしてからヘルメットを車に忘れるという失態まであり、なんかスタート前から一人でカオスになってしまい、集中できないままのスタート。

 しかし程よく力を抜いたのが良かったのか、スタートは最後方ながらまずまずで、最初のきつい登りでホイホイと前の人を数人追い抜いて、林道区間へ。
a0293131_02153391.jpg
▲スタート直後、ホントのホントの最後尾パックの自分

 試走のイメージが悪かったので、とにかくリラックスして淡々と行こうと決めていた。
 しかし1周目のキャンバーの進入が悪く、他の人と交錯、更にはキャンバー区間でも転んでしまったり、オーバーランしたりで、とにかくグダグダ。
 ただ、グダグダなのは自分だけでなく、周囲も相当なカオスで……とにかくここから走りを乱さず、集中を乱さず、自分のペースを確実に行こうとペースを持ち直す。

 C2は40分レースで、4周ほどの周回数。
 1周目のキャンバー区間での失敗以降は、割と持ち直し、確実に降車し、コーナーでもリスクを負わないマージンを持ったペースで淡々と走行。
 2周目、3周目のキャンバー区間からの外周路は、速くはないものの、大きなミスもなく少しづつ遅れた順位を挽回していく。
a0293131_02152599.jpg
▲通称「メーメー坂」を上って行く自分、とにかく大変なコースだった……

 最終ラップ、少し前を走っていたオンザロードの人が結構速く、この人が抜けないかいろいろプッシュしてたら、キャンバーで盛大に落車……逆に後方から来た人に前へ出られてしまい、そのままゴール。
 順位は31人中の18位……20位くらいかなあと思ってたところ、予想よりちょっと良く、なんとか当初イメージした程度の順位でゴール出来ました。
a0293131_02152954.jpg
 点数的には100点満点中の……55点くらいでしょうか。
 良くはないけれど、言うほど酷いもんでもなかったかな……


 今回のコースとにかくキャンバー区間の走りが悪く、それから宇都宮でもそうでしたが「直登」がやはり苦手で、激坂部分は足があっても、上手く後輪に体重を乗せてやれずに空転して、結果降りてしまったりと、そう言ったテクニック部分が及んでないなと。
 タイヤをセンターノブのものに交換すれば、もうちょっと行けるんだろうけど……パワーだけじゃダメなのねん。
 ちゃんと自転車の真ん中に乗って、後輪に適度に荷重をかけてやるという部分。

 それから下りキャンバーの折り返しもダメ。

 多分MTBやってないからだろうな……ロードだけじゃこういう部分及ばないよなと。
 
 ただ、今年からステムを11cmに伸ばしてるのだけど、このコースに限っては10cmステムのほうが、後輪に荷重をかけやすいし、それにトライしてみても良かったかな……正直キャンバーは昨年のほうが走れてるし。

 タイヤも、ドライ1本しか無いので、マッドや、上りの多い滑りやすい路面用に、ノブのあるタイヤを用意したいところ。

 それから序盤転んで、レースが崩れてしまった後でも、なんとか集中力や気持ちを切らさず、終盤までちゃんとレースをビルドアップし続けられたというのはポジティブ。
 やはり40分というレース時間は割と自分に合ってるなと。

 次回は2月10日の前橋シクロクロスです。


by minagi_ichirino | 2019-01-30 02:13 | Bianchista
【チャリ】18-19シクロクロス千葉 第1戦
a0293131_01523063.jpg
 年明けて、クロスシーズンも後半戦に。

 今年は色々出費が多く、予算的に当初予定していたよりも少ないレース数になってしまいそうだけど、とりあえず1月は2レース。
 千葉ポートタワーで開催される千葉シクロクロスに参戦してきました。

 ここはお台場CXと同じように長い砂浜区間を走る、砂セクションが特徴的なコース。
 関東近辺で、まともな砂区間があるのは、ここかお台場CXくらい。
 あとはナローな林間セクションと、丘を登ったり降りたりするキャンバーセクション。
 特に丘の区間はコース幅も広く、グリップもよくイージーなんだけど、とにかく平地がなく、下ってるか登ってるかしかなく、砂や林間のテクニックもそうですが、パワーが試されるなかなか好レイアウト。

 当日の天気は時々太陽が顔を出すものの、概ねからっ風の吹く、関東平野のよくある冬空。
 C2カテゴリーになり、試走をモリモリ走れるようになり、スタートもお昼くらいからということで、余裕を持って準備出来た。

 試走は色々イメージしつつ走るものの、砂区間の処理の正解が見えずに終了。
 昨年よりも芝生が広がっており、乗車率は格段にアップしてるものの、フル乗車はリスクが高く……乗っていこうと思えば乗れんこともないけれど、速いかどうかは……
a0293131_01530991.jpg
 空気圧は前後1.7barで設定、タイヤはVittoriaTerrenoのDRYをチューブレス運用。

 周囲ではもっと低い空気圧で砂区間を重視する人もいたけれど、丘区間の下りやカーブのグリップが良く、ある程度の空気圧無いと、カーブで踏ん張り効かないだろうという感想。

 スターティングナンバーは27、以前より多少スタート順は良くなったけれど相変わらずの4列目、ちなみに5列目までしか無い。

 スタートはクリートキャッチに失敗したのもあって、大失速。
 スタート直後に登りがあり、ここで無駄足使いたくなくて、様子を見つつ走ってたら、ほぼ最下位に!横には人はいるけど、後ろには居ない!
 いや~……酷いスタートだなあと思いつつ、最下位争いのパックにゆるゆるとついていく。

a0293131_01543222.jpg
 このコースは砂区間が相応に長く、そこでスーパーに体力が喰われるのと、コース序盤の丘も上りばかりで、いつもの調子でスタートからガリガリやりに行くと、絶対持たないのがわかってたし、逆に周囲も中盤以降苦しくなっていくだろうと読んで40分トータルでのペーシングを意識した走りで進めていく。

 砂区間は結構な引き潮で、波打ち際が走りやすく、他ランの部分も、いろいろ試したアイデアが良い形になり、後方からちまちまと順位を上げていく展開になった。

 シケインも高さがそこまで高くなく、やれそうだったので6周回のうち4周回でバニーホップもどきな動作で何とか乗車クリア。
 全体的には自分のペースは良く、2周目以降は、前から崩れてきた人を少しづつ処理しつつ展開していった。
a0293131_01551113.jpg
 ラスト2周位で、パックも落ち着いてきて、前の人とほぼ同じくらいのペースで周回、なんとか追いつけないかなあといろいろトライしたものの、結局キャッチできるまでは詰められず、38出走のなか18位でゴールしました。
 宇都宮に引き続き、多分自己ベストじゃないかな?

 ただ、16位の人と前の17位の人は、途中何度か順位を入れ替えつつ争った人で、決してペース的には追いつけない相手ではなかったので、そう考えると、もうちょっとうまくやれれば16位には滑り込めたかなあとも……

 結局パックで固まって走ってる時に、遅い人にずいぶん長いこと付き合っちゃうんだよね……
 カーブのライン取りで抜くのが一番足使わないし、ダメージ少ないし、実際カーブで自分のほうが速い事が多いのだけど、コーナーの入り口でいきなりイン側に飛び込むと、相手もビックリしてブロックしてくることも多く、接触リスクが多い……直線で抜くのは単純だけど、相手も抜かれたくないから奮起してきて、無駄に踏んできたりして、こちらも足を使わされるし、結局抜きつ抜かれつやるとラップタイムが落ちてしまうという悪循環。
 それなら多少遅くても相手がミスるまで付き合って走ったほうがトータルのタイムで速いのでは?

 なんか、そのへんの処理で、差を付けられて離されてしまった感がある。
 
 レース自体も相性の良いコースではなかったので、スタート含めてちょっと消極的な展開だったかなあ、ガツガツやればもう1つか2つ前のパックでゴール出来たかなあ。
 実際ゴールした時に出しきってる感はなかったしね。
a0293131_01551790.jpg
 次回は1月27の城里町です。 


by minagi_ichirino | 2019-01-06 01:48 | Bianchista