【チャリ】AJ千葉 BRM1022美浜300km【ブルベ】
a0293131_01132305.jpg

 AJ千葉のBRM1022御宿300kmに参戦してまいりました。
 実は昨年も走ってるほぼ同じコースのブルベです。


・天候:曇り9 晴れ1 雨僅か
・走行距離302km(ミスコース3回)
・認定時間:14時間2分


・自転車は今回もVia Nirone7PROのベルキンモデル。


 最近気づいたのだけど、自分のベルキンモデルは、シートチューブにBianchiとBelkinのロゴが両方あるのだけど、北村さんのベルキンニローネはBelkinロゴしかないという、同じモデルでもこういうことってあるんだねえ……


・装備に関しては真新しいことはなし、基本的に8月の羽前陸前周回と同じ装備。


 ただ、雨はふらないだろうということで、ゴアテックスのトップスのみサドルバッグにIN、輪行袋もサドルバッグに入れました。
 タイヤはIRCのアスピートPROからミシュランPRO4グリップ&エンデュランスに戻し。


・昨年一度走ってるコースなので、コースの感じなんかは理解済みというのもあって、今年は『12時間台、グロスタイム25km台』という明確な目標を持って挑戦。
 昨年は15時間台で走れてるので大幅なタイムアップが目標です。
 正直かなり無謀な目標ですが、とりあえずハイペースで行って、行けるところまで行こうという作戦。


・FBの方で交流のある飯沼さんたちが、ちょうど朝5時に市川橋からサイクリングするよと言ってたので、ちょっと早く出て、顔を出し挨拶。
 しかしこの日、彼らは240km走るよって計画だったけれど、彼ら走れるだろうか……と内心思ってました(汗


a0293131_01115748.jpg
▲スタートの検見川浜、朝は肌寒さがあります

・300kmと200km同時開催、300のスタートは74人。
 7時から10分間隔でウェーブスタート。 チェックインがちょっと遅目だったのもあって、自分は7時20分のウェーブ3の7時20分スタート。
 しかしスタートを待ってる間にうんこしたくなって、便所にいってブリブリ用を足して、戻ってきた頃にはなんとウェーブ3はスタート済み。


 スタート前に戻ってきて、ちょうど見知った顔のインフィニート乗りの笹岡さんが居たので、話しかけてみると……


「あれ?300みんなもうスタートしてますよ?」
「え!? まじでぇぇぇぇ?!(頓狂な声を出す俺)」


 別に遅刻したわけじゃないのに、いきなり10分遅れてのスタートになってしまいました、トホホ


・スタートして計画通り序盤からガンガン行きます。
 しかし町中はどうにも信号峠が厳しく、思うようにペースがキープできず、急ぐ気持ちから……今思えば、ここでガンガン行かなければよかった……

 ここで使ってしまったスタミナは終盤響いてくることになりました。

 信号峠が落ち着くのは25km過ぎの、館山道の高架くぐった後くらいでした。


 PC1までに2回ミスコース、1回目はスタートしてスグ、蘇我陸橋近くのジャンクションでバスの後ろになってしまい、交差点を見落としてのオーバーシュート
 もう一つも、八幡宿手前の左折のキューがわかりづらく、やはりオーバーシュート(しかし、ココはキューシート作成の時から絶対ミスるなと思ってたので、行き過ぎた時の目印も書き込んでたので、ほぼロス無し)


a0293131_01121739.jpg
▲うぐいすライン、ずっとこんなかんじの薄曇りです


・うぐいすラインのアップダウンを軽くこなしてPC1に、スタートにやや躓いたとはいえ、目標タイムよりも15分速いペースなのでまずまずの滑り出し。
 PCもいつものウィダーと羊羹を食べて、スタートから何も入れてなかったボトルに水を入れて5分足らずでコース復帰。

a0293131_01115019.jpg
▲PC1の様子
昨年と同じコースですが、PCのコンビニは変わっていました。

・鴨川のPC2までも同じようなハイペースを刻んで淡々とゆきます。
 ここも多少のアップダウンのみで、順調なペース、御宿の有人パスチェックも、カルピスを頂いてさっさと出発。
 しかし、やはり結構踏んでるからか、疲労が濃く「これで最後まで持つだろうか……」という不安が。


a0293131_01123011.jpg
▲御宿駅前の有人チェック、おやつと飲料を頂きました


 PC2でゆるんだライトポッドを締め直す。


・しかし、このPC2で補給失敗……大福とウィダー、飲料を飲んだのですが、おもったよりも気温が低く、消耗が少なく、お腹が水っ腹になってしまい、PC2直後の登りで力が入りません。


 膝の疲労も蓄積しており、終盤、館山からマザー牧場までの登りも考慮し、少しペースを落としました。
(この区間で初めて、自分より速い人に抜かされました)
 区間終盤になって、腹圧が落ち着いてきてペースを回復。

a0293131_01124477.jpg
▲行川アイランド前交差点、何もありません

a0293131_01131413.jpg
▲おせんころがしの様子、天気が良けりゃあなあ……

 PC3へも順調なペースで到着、昨年よりも速いペースです。
 しかし、この地点でほぼ足は売り切れてしまっており、坂道でどれだけ踏めるのか……
 館山市街を抜け再び内陸へ、些細なピークを3つほどあまりペースを落とさずに超えて最終PCへ。
 最期のもみじロードでは早かった人3人位に抜かれましたが……


a0293131_01142399.jpg
▲最終PCでぐったりする自分、日が暮れてしまいました。


・最終PCはいつものマザー牧場麓のセブンイレブン富津更和。
 残り75km、PC着は17時前でまだ暮れ切っておらず、あわよくばトップゴールも狙えるところだったのですが、疲労困憊。
 とてもマザー牧場を登れる足が残っておらず、ここまでPC休憩は10分以内でやって来たのですが、さすがに休まないとダメだとなり、40分近く停車しました。
 やっぱり、市街地のストップアンドゴーで足を使いすぎたんや……


 ある程度落ち着いたところで、コースに復帰したもののマザーの登りはクタクタで、全然足が回らず、足をつかずに登るので手一杯。


 最期はフラフラ走りながらゴール。
 目標の12時間台は及ばず、13時間台も逃す14時間2分でした。
 とにかく体力……スタミナが課題ですね。


 特にStravaを見ると、最期のマザーや館山からの登りが全然登れてなくて、体力がないとと痛感しました。

a0293131_01143201.jpg

■使用機材
車体:Bianchi Via Nirone7 2015 Belkin Ltd
コンポ:Shimano 105(5800系)&アルテグラ6800のMix 11S
ハンドル:ITM Millenium Wing Shape Carbon 400
バーテープ:ODI
ヘッドライト:CatEye Volt800ダブル
ペダル:Time i-Clic2 ファイバーフレックス
サドル:Astute Skyline VT Lime
ホイール:Campagnolo ZONDA 2015
タイヤ:Micherin PRO4 GRIPV2(F) Micherin Pro4 EnduranceV2 (R)
(with Panaracer R-Air Tube)
パッキング:Ortlieb サドルバックL+バックポケット


・基本的には8月の宮城400と同じ装備、タイヤのみミシュランに戻し(BAJと同じ仕様)

 標高が低いところを走るので、薄いゴアテックスのみ持ち歩き、輪行袋はサドルバッグに。


・認定時間は14時間2分で、74人出走で66人がゴール、自分のゴールタイムは4番目。

 一番速かった人と10分程度しか差がなかったので、スタートのチョンボがなければトップゴールだったかもしれませんが、そもそもは終盤失速してしまったのが一番大きな要因だったかなあと。


・最終PCでクタクタに疲れてしまい、16時55分頃に到着したのに、出発したのは17時40分前という状況で40分以上停車してしまいました。
 このPCまでは概ね目標タイムの5分前後の誤差で来ていて、ここからゴールまでの区間で相当な時間を失ってしまいました。

・原因としては……序盤の市街地区間で踏みすぎてしまい、どうせ信号峠でのんびり行ってもあまり変わらないのに、ガンガン行ってしまったこと。

 それから単純に走力、フィジカル的な問題でしょうか。


 PC2までで相当頑張ってしまい、そこから最終PCまでは色々と騙し騙し走ってる状態で、補給も少しゲテな選択をしてしまいました。
 気持ちだけは一丁前に走りたがるけれど、身体が、脚が、まだまだ速い人とは差があるなあと。

 とは言え、昨年のの同じコース、ストラーバのデータを見る限り、実走行時間では1時間以上の短縮を達成できたので、昨年は向かい風だったという要素もありますが、かなり走りに関しては良くなったなぁとも。



[PR]
# by minagi_ichirino | 2017-02-04 01:46 | Bianchista | Comments(0)
【イラスト】セレッシャルコール総集編【カットイン】



a0293131_23434224.png
 9月いっぱいで終了した定期ゲーム、セレッシャルコールで活躍してました自身のキャラクター「アンジェリカ・トラヴァーリア」のカットインなどの総集編です。
 昨年も彼女の記事を立てましたが、ゲームも終わったことで改めて再掲載。

a0293131_23491675.jpg
▲セレッシャルコール仕様の全身絵、以前スケッチした時よりも前掛けが短かったり、ベルトやボタンでキッチュさよりもファンタジーテイストが強いアレンジ。
 今となってはほとんど見かけなくなった、インテークタイプの髪型は90年代に作ったキャラクターとしての名残……

a0293131_23520310.jpg
a0293131_23523014.png
a0293131_23524281.png
a0293131_23524928.png
a0293131_23525388.png

▲戦闘開始時カットイン、マンガのコマ風のやつはもっと色々書いて華やかにしたかった……

a0293131_23562334.png
a0293131_23571110.png
a0293131_23570479.png

a0293131_23565051.png
a0293131_23590660.png

▲戦闘中のスキルカットイン
 もっと色々描いたと思ってたけど……カオスムーン(一番上)がお気に入り、昔ARIAを描いてた頃の色合いを思い出して描きました。
 難しいよね、いつもと違うこと。

a0293131_00010755.png
a0293131_00035024.jpg

▲マルゲリータ王妃、一枚だけカットインに出てきます。
 アンジェリカはマルゲリータ王妃が大好き!!
 アンジェリカが生死の境をさまよってる時、ゲーム内でも頑張ってくれました。
a0293131_00011511.png
▲勝利時カットイン、結構最初の頃に描いた割に、そのままエンディングを迎えたカットインです。

a0293131_00054816.png
a0293131_00052235.jpg

▲アナヘラ・ブラックウィンド
 アンジェリカのいわゆる悪堕ち、ダークサイドの側面、名前は例によってブラックウィドウの捩りから。
 もっと出番が多いかなと思いましたが、やっぱり交流ゲームでこう言うタイプのキャラクターは難しいですね……
 コレももっと描きたかったスタイルの一つ。

a0293131_00092902.jpg
・バニーガールにもなりました、彼女の相棒(?)のセラフィアの困った姿も描きたかった……
 ちなみに単純にバストだけならセラフィアのほうが大きいのです。
a0293131_00152246.png
またどこかのゲームで会えるといいな、なんてね。

[PR]
# by minagi_ichirino | 2017-02-03 00:23 | Illustration | Comments(0)
【チャリ】琵琶湖をサイクリングしてみる?【長浜スタート】

a0293131_23173514.jpg


 秋は気候もいいし、9月の台風や秋雨前線も落ち着いたし、琵琶湖を走りたいなあ……

 というので10月の或る日、絵描き仲間のレノルスと琵琶湖をサイクリングしてきました。


 ……予定では守山スタートで北側一周160の予定だったんですが、あいにく初日はまさかの台風轟々ということで、この日は焼肉大会に予定を変更して、ルートを絞り、翌日に宿をとった長浜から余呉湖にかけて往復60kmのサイクリングをしました。

a0293131_23180012.jpg
▲長浜のルートインの近くの焼肉屋で焼肉大会でした

 豊公園に車を止めて、大体往復で5時間程度の道すがら。
 風が強かったものの、天気は晴れで、気温もよく走りやすい気候です。
 長浜市街あたりは信号も目立ちましたが、湖岸道路は信号も少なく、やや交通量が気になりましたが、道は概ね走りやすく、何より景色もいいですね。


 途中道の駅湖北で休憩したり食事したり。

a0293131_23190793.jpg

▲道の駅湖北みずどりステーション、コスモスが咲いていました。

 

 長浜から道の駅湖北はせいぜい12kmちょっと程度なので、休憩を取るような距離ではないのですが、一緒したレノルスが走り慣れておらず、大体それくらいでへとへとになってしまい、終始のんびりペースでした。

a0293131_23194431.jpg

 湖沿いといえば、近所の霞ヶ浦も何回か走ったことがあるのですが、やはり山が近く、景色に富んだ琵琶湖は華やかでいいですね。

 

a0293131_23192526.jpg
a0293131_23191716.jpg
a0293131_23214484.jpg

 当然、道はド平坦で、坂道らしい坂道もなかったのですが、湖岸を離れ余呉湖にかけてのアプローチは基本やや登り基調で、レノルスはこのささやかな登りでバテてしまい、余裕があれば奥琵琶湖パークウェイでもがいてみようかと思ったものの、さすがに殺してしまうと思い断念。


 とまぁ、本当に長浜から余呉にかけての多少のところしか走れませんでしたが、なかなか楽しんで参りました。


 次回走るチャンスがあれば、ガッツリフルコース200kmで飛び出したいなぁ。


 平日ながらサイクリストも多く、途中の道の駅では、隣のサイクルラックの人達と少しばかり談笑。
 隣の京都から来ているということでしたが、ずいぶん気さくなグループだなあと、こちらも思わず笑顔になれました。

a0293131_23260020.jpg
▲前日の台風の時、ホテルでお絵かき大会した時の産物
現在定期ゲーム「SevenSea」で遊んでる「モーラ」のスケッチです

@Strava




[PR]
# by minagi_ichirino | 2017-02-02 23:34 | Bianchista | Comments(0)
【チャリ】房総半島をサイクリングしたい!【100km】
a0293131_16002225.jpg

 職場の同僚と南房を走ってまいりました。

 同僚はまだ100km以上走ったこと無いよ~ということと、南房総走ってみたいですねえっていうリクエストで、とりあえずの輪行で浜金谷スタート。

 君津駅を過ぎると本数が極端に減る内房線ですが、とはいえあくまでも首都圏(?)の鉄道ということで、前回の左沢線と比べるとまだまだ便利なダイヤです。


 浜金谷から鋸山をかすめつつ南下して、県道34号「長狭街道」に左折、長狭街道は千葉の道路では道も整っていて、交通量も多くはなく非常に走りやすく、なおかつ里山ののどかな景色が楽しめるおすすめしたい道。

a0293131_15572346.jpg

▲長狭街道、この日は天気もよくていい日でした


 途中、県道88号に右折し、自分もしばらくぶりに行ってなかった、大山千枚田へ。
 大山千枚田はちょうど稲刈り前ということで、実った稲穂のシーズンとなっていました。

a0293131_15573834.jpg
▲大山千枚田、いい景色が撮れました

a0293131_15575621.jpg
▲流行っていたシン・ゴジラのかかし

 そこから千倉へ降りてきて……の、つもりだったのですが、使うはずだった道が、直前の台風で通行止めに……いろいろ迷いつつ、林道を抜けてなんとか太平洋沿いに。

 房総フラワーラインに入って、海の景色を楽しみながら、野島崎灯台で昼食と休憩。 更に南下し枇杷倶楽部でおやつ、という感じで浜金谷に戻ってくる105km

a0293131_16003303.jpg
▲房総フラワーラインの景色
もうちょっといい写真はなかったものか……
a0293131_16005374.jpg

▲野島崎灯台
一応房総半島の南端であります


 実は週明けに、またしても疲労と寝冷えで風邪をやらかして、体力落ちちゃって自分も、ヒィヒィ言ってましたが、ほぼ予定通りに近い感じで走れて満足でした。

 獲得標高は1450m


 ……しかし、ロングライド経験の殆ど無い(というかヒルクライム経験のない)相手に1450mも登らせるとか、なかなか達成感のあるルートにしたなあと。

 職場が職場なだけに、結構同僚と走りに行くことがあるのですが、大体が平坦をタラタラ走るだけという、なかなか単純なルートが多かっただけに、バラエティに富んだ道を見せれてよかったかな、なんて思いました。


 南房はブルベでも結構走ってるのですが、やっぱ林道も登りも、甘すぎず辛すぎず景色よくで、やっぱいいですね。
 長狭街道最高!!

a0293131_16005937.jpg

▲戻ってきて浜金谷の港で夕日!おつかれさまでした

@Strava




[PR]
# by minagi_ichirino | 2017-01-26 16:10 | Bianchista | Comments(0)
【チャリ】ランドヌール宮城 BRM820羽前陸前周回400km【ブルベ】

a0293131_14342825.jpg

 コミケも終わって一段落したところで、ランドヌール宮城主催の、BRM820羽前陸前周回400kmに参加してまいりました。
 初の前泊遠征ブルベです。


・天候:曇り2:雨7:晴れ1
・走行距離:420km(ミスコース3回)
・認定時間:21時間22分(3rdFinisher)


 自転車はいつものViaNirone7のベルキンモデル。
 前回6月の白馬木崎湖600からの変更点は、主にヘッドライト。
 Gentos閃3552本差し+シマノPROイリウム300から、CATEYEのVOLT8002本差しにチェンジ。
 夜間の光量アップ!


 それからタイヤも以前から使いたかった、IRCのASPITE PRO24CDRYにチェンジしました。

a0293131_14354303.jpg

▲ミシュランに不満はなかったけれど、試してみたかったIRC


 ただ以前から変えたかった、ハンドルバーマウントは新しく買ったものが、アームが短くて、VOLT800をつけるとハンドルにぶつかってしまうという使えないシロモノだったので、以前のままです。
 このミノウラのハンドルバーマウント、以前フレッシュの時に振動が原因で折ったことあるので、変えたいなあと思いつつ、なかなか強度と、使い勝手を両立したものがないのでした。


 コースは山形市のおおよそ隣にある寒河江市をスタート、いきなり月山を上るKOMを消化して日本海側の酒田市に抜け、BAJでも走ったルートに合流。
 そこから鳥海山をかすめながら、内陸に入っていき真室川町から、一旦秋田の雄勝町に足を踏み入れつつ、宮城県の松島まで列島を横断。
 松島からは仙台市内を通り、作並方面、関山峠を越えて、山形、寒河江市に帰ってくる400kmです。


a0293131_14371907.jpg
▲山形駅に到着、時期的に家族連れが多かった

 夏場ということで新幹線で輪行するものの、列車は混雑していて、行きも帰りも立ち客がいる状況。
 強引にキャスターバックを自転車にぶつけながら通る人が多くて、STIレバーが折られないか少し心配でした。
 アルミフレームのNironeで良かった……


 前日はホテルに宿泊、寒河江温泉も堪能したものの、飯は適当な食事するところがなく、コンビニ弁当。


・当日は朝5時に起きて出発、実はゴールしてから知ったのですが、朝6時~7時が受付だと思ってたんですが、5時半~6時半受付だったんですね……
 6時過ぎに受付につくも、周囲に参加者は折らず「へぇ~受付したらブリーフィングなしに、一人づつスタートしていくのか~」と思ってました。
(実際にはブリーフィングは5時50分頃からやってたそうです)

 結構余裕を持って早く来たつもりが、またしてもほぼ最後方からのスタートになってしまいました……

a0293131_14385893.jpg

▲スタートの最上川ふるさと総合公園
別に僕の故郷ではありませんが……

 スタートしてすぐに登り基調、チンタラとした登りを淡々と登って、月山の五色沼まで。
 ここまでにだいたい10人位を追い抜いて、なかなかいいペースです。

 途中、前方に何やら独特の乗車姿勢で登りを行くランドヌールを見つけ、接近し挨拶しつつチラ見すると、なんとオルディナリー型の自転車……!!

 あまりの衝撃に言葉を失う……普通に走るのすら大変だろうに、アレでブルベとは、恐れいった……


a0293131_14481611.jpg
▲月山のワインディングからのランドスケープ
時折通り過ぎる霧雨に虹がかかる

 月山の下りは、非常に勾配がキツく、霧雨も振ってたりでかなり慎重な下り、慎重に下っていても、途中2回位オーバーランしかけたりしたので、丁寧に走る必要がある道でした。
 PC1までは非常に順調、天気も雲は多いものの好天です。
 PCではヤクルトと大福、カロリーメイトゼリーを食べて水を500cc飲んで、ボトルに500cc補給。


a0293131_14493721.jpg
▲PC01直前、山形のピーカン晴れに晒されました


 PC02は鶴岡市から酒田市まで走る基本平坦&下り基調のボーナス区間。
 一気に稼げるかとおもいきや、向かい風が強く、日差しも強く、一向にペースが上がらず苦しい展開に。
 特に海に近く海抜標高の低いところを走るために、いちばん気温が上がった区間でした。1度ミスコースして2~3kmをロス。
 PC2について、自転車を降りると、猛烈な立ちくらみに襲われ、壁に寄りかかりながらデイリーヤマザキに入りました。
 
 自転車に乗ってると結構大丈夫なんですが、降りると突然視界がブラックアウトしたり、まっすぐ立てなくなったりすることって、結構追い込んでたりするとあるんですが、今回はそんなに追い込んでたつもりではなかったのでびっくり。

a0293131_14514298.jpg
 やはりウィダーインゼリー的なものと大福、アイスキャンデー、ヤクルト、水を再び500cc補給。


 PC03までは酒田市街から再び内陸に入っていく山岳区間
 とにかく気温が上がり、胃腸に負担をかけると苦しい展開になるだろうなということで、ひたすら補給は胃腸に負担をかけないものをチョイス、なのでゼリー状の飲料と、消化がよく、すぐにエネルギーになる大福ばかりを食べてました。
 水も、塩熱タブレットと一緒に補給していて、この区間もすこぶる順調な走りでクリア。


 ただやはり、気温も高く登りは辛い……途中、一度、5分ほど自販機休憩でストップ。


 ダムから下ってきて20kmほどのアップダウン路をこなしてPCへ。
 やはりこのPCでもカロリーメイトゼリーとヤクルト、大福、水の補給のみでスタートしました。


 PC04までは40km弱ですがひたすら上りと下りしかない厳しい区間。
 奥羽本線にそって走る区間、厳しい上りは無いものの、ひたすらチンタラとした3~4%の上りがずっと続くような苦手なプロフィールでした。
 PCを出て、初めて速い人に一人抜かれる。

 秋田県にちょっとだけ入り、雄勝のファミリーマートがPC04。
 ちょうど200kmの中間地点。


 ここにランドヌール宮城のスタッフがおり、話すとどうやら先頭から5番目くらいのポジションに居るよとのこと。
 かなり後方からスタートしただけに、もうすでに30人位ぶち抜いたのか……しかし、千葉のブルベでも、上位5人くらいには結構入るけど、トップゴールはしたこと無いのよね……

 やはりカロリーメイトゼリーと大福とヤクルト、水を補給してスタート。


 PC04を出て国道108号、秋田と宮城を結んでいる道に入ると、すぐに雨がパラパラ。
 山に入っていくに連れて雨脚は強くなり、ゴアテックスを着ようか非常に迷うものの、気温はそれでも20℃前後あり、厳しい山岳区間、更に標高もせいぜい5~600mということで、このまま着ないで行こうと決意。
 雨が降りしきる中、そのままの装備で峠に突入。


a0293131_14541577.jpg

 途中10%を超えるような苦しい勾配も続き、悪態をつきながら鬼首温泉まで下りてくると、そこで日没、ヘッドライト点灯。

 しかし、キャットアイのVOLT800はほんとうに素晴らしい。
 ブルベの規定上ヘッドライトは2灯を装備しないといけないのですが、非常に余裕のある光量で、殆どの区間で一つしか点けていませんでした。
 ……まぁ、頭にペースノートを読むためのLEDライトをつけるので、その明るさもあるわけですが。

 鳴子温泉まで下りてくると、雨は弱まり、ところどこドライな状態で走って行きPC05着。
 気温はようやく低くなり、このブルベで初めてまともな固形物を食べる。


 松島海岸近くにあるPC06までは、頭にヘッドライトを装備した夜間仕様に手早くチェンジしてスタート。
 基本的に平坦区間ですが、全くの平坦ではなく、房総丘陵や尾根幹のような多摩丘陵を彷彿とさせる、丘超え多数。
 さすがに300kmも近くなってくると、前後にブルベライダーは見当たらず、松島海岸へ淡々と走ります。
 この辺りから、膝に疲れを覚え始め……以前BAJの時に、必要以上に膝をいたわってしまったゆえ、尻と手に体重を乗せすぎてしまい、かえって尻を痛めてしまったこともあり、今回は山岳が多かったものの、割と踏んで走っていたのでした。


a0293131_14554143.jpg
▲PC06
景勝地松島海岸も、ブルベではこんな天気のこんな時間に訪れることになる

 松島海岸付近で再び雨が降り始めたところでPC06着。
 やはりヤクルトと大福、ゼリー飲料だけ摂ってリスタート。
 後100km


 残すPCはなく、あとはゴールまで。多賀城をかすめつつ入っていく仙台市内は信号峠、1回ミスコース。

a0293131_14574777.jpg

 東照宮駅を過ぎてから、比較的走りやすくなり、仙山線に沿うような夜の作並街道を走ります。
 途中熊ヶ根駅近くのセブンイレブンが最後のコンビニという話があり、更にはゴールまで約100kmのロングスティントというのも考慮して、このセブンイレブンで休憩。


 途中、1度便所休憩&ミスコースしたのもあり、後方とは約20分ほど離れていたものの、ここの休憩中追いつかれたらしく、コンビニを出ようとしたところで、後方から来た二人のパックに追い抜かれる。

 二人のパックはあまりペース的に早くはなく、ツイていこうかと思ったものの、途中から自分が前に出て引き離す展開に。
 しかし、一人、遅かったのに何故か自分が前に出ると、突然奮起して追いかけてくるので、ここまで360kmを走ってきた最後の関山峠で、突然アタック合戦に。

 一緒に走るのはやぶさかではないのだけど、それまでちんたら走ってたのに、自分が抜いた瞬間にペースを上げてついてくるという「お前、一体何なの?!」という気分に。
 こちらも勾配がキツくなるタイミングを見計らって、シッティングのまま思いっきり踏み込みアタック。
 
 しかし踏み込んでペース上げても、彼はどんどんついてくる状態で、アタック合戦はどんどんエスカレート。
 途中作並駅を過ぎてからの急勾配区間で、自分がアタックを成功させて、途中1分近く引き離すものの、持続できず、再び追いつかれさすがに白旗。
 
 あまり一緒に走る気はなかったので、必要以上にペースを落とし先に逃しました。
 いったいあの関山峠のアタック合戦は何だったのか……

 峠を下ると山形県天童市、ここまで来るとあと20kmほど。
 時間は深夜というのもあり、時間調整するのもありでしたが、とりあえずゴールしてしまおうということで、そのままペースを維持してゴール。
 時間は21時間20分ほどで、3番目のゴールでした。

a0293131_14594457.jpg

▲ゴールはしたけど時刻は午前3時半
とりあえず朝帰るとして、それまでゴール地点でしばし休むことに


 ちなみに関山峠で競り合ったランドヌールは、下ってきた天童市のコンビニで補給してました……


 しばらく休んだ後、最上川ふるさと総合公園に併設されている温泉施設で朝風呂を浴びてリフレッシュ。

 朝8時位の左沢線で帰りました。

 ランドヌール宮城のブルベは初めてでしたが、ホスピタリティやコース、スタッフも良くて、また出たいなあというブルベでした。


・総括
 コミケ太りがやばくて、体も調子よく、足も回ってるのに、全然走りにキレがないな~と首を傾げてて、体重を測ってみたら、BAJの時より7~8kg太ってしまっていて、痩せないとダメだなと思った所存。
 普通の人と違って、病気になっても食欲は変わらないので病気になると太るっていうのがあるのと、夏場になると出かけないので太るというダブルパンチ。
 しかし、そんな状態でも、良いタイムで走れたので、きちんと秋にかけて体を作っていかないとなあと思いました。

 本当に太るのは一瞬、以前相撲やってたのもあるけど、自分は2週間位で簡単に10kgくらい太っちゃうんだよなあ……


a0293131_15043628.jpg

■使用機材
車体:Bianchi Via Nirone7 2015 Belkin Ltd
コンポ:Shimano 105(5800系)&アルテグラ6800のMix 11S
ハンドル:ITM Millenium Wing Shape Carbon 400
ステム:ITM Millenium 4Ever 100mm
バーテープ:ODIハイパフォーマンス
ヘッドライト:CatEye Volt800ダブル
ペダル:Time i-Clic2 ファイバーフレックス
サドル:Astute Skyline VT Lime
ホイール:Campagnolo ZONDA 2015
タイヤ:IRC Aspite PRO 24C DRY
(with Panaracer R-Air Tube)
パッキング:Ortlieb サドルバックL+バックポケット


Memo

・IRCのAspiteはDRYというだけあって、ウェットは不得手、ウェットグリップは悪くないけど、滑り出しが顕著なので、ブルベで使うならWetタイプのほうが良さそうだ。

 ミシュランよりもやや硬い印象だが、それほどネガティブな感じではない、下りのカーブで自転車を倒した時のグリップ感は一貫性があっていい。

・バーテープもODIのハイパフォーマンスバーテープのものに巻き替えたものの、コレもイマイチ。

 蛍光チェレステに近い発色でなかなか綺麗で巻きやすいのだけど、いつものように食器洗い用のジョイ君で洗うと色落ちが凄まじく、買って間もないのに結構汚く見えるようになってしまった。(パークリならなおさら色落ちてしまうんじゃなかろうか……)

 バーエンドのロゴもプラハンで叩いて入れると、ロゴがすぐに剥げてしまった、結構いろんな個人店がおすすめしてるけど、個人的にはちょっとなぁ。


@Strava


[PR]
# by minagi_ichirino | 2017-01-26 15:14 | Bianchista | Comments(0)