タグ:自転車 ( 56 ) タグの人気記事
【チャリ】杏珠たん入院
a0293131_271777.jpg

 先日曼珠沙華祭りまで走った杏珠たんなんですが、なにか微妙にヘッドパーツ周りにガタがあって、ブレーキング時に微妙な違和感を感じていたので、そのチェックも兼ねて、ビアンキ・コンセプトストアへ一ヶ月点検で整備してもらいに行きました。

 駆動系周りもあわせて見てもらって、調子良くなった―というのもつかの間。
 やはりヘッドパーツ部分に妙にガタが残っていて、自宅に帰って、アンカープラグを入れなおしたりして調整。
 コレでOKとおもったら、なんと今度はハンドルが切れない!!(滝汗

 どういうこっちゃと思いつつ、翌日再びコンセプトストアへ持ち込むと……

これはフレームの不良ですね……コレはちょっとフレーム交換になるので、ちょっとお泊りよろしいでしょうか?

 なんということでしょう!!
 どうも、ヘッドチューブの製造不良でヘッドパーツがきちんと固定されないような感じになってしまってるらしい。
 大元のサイクルヨーロッパに問い合わせると、製造欠陥ではないそうで、前例のないトラブルではあるようだけど、製造時に個体差でこうなってしまうこともありうることなんだそうだ。
 一応初期不良品という扱いで無償交換してもらえるとのこと。

 走ってて壊しちゃったのかとおもったけれども、よっぽどものすごいスピードでひっくりかえしたり、車にはねられたりしない限り、普通は壊れる部分じゃないそうだ。
 確かに納車して立ちゴケ含めて一度も落車はしてないですね……

 しかし、実は火曜日にビアンキの常連さんたちと走行会を予定していたのだけど、それには間に合わないとのこと……
 しきりにお店の方も謝ってくれて、自宅が多少遠いのもあって、なんと代車を出してもらいました。

a0293131_229481.jpg
なんとピンク色のVia Nirone7/ALU(シマノ105仕様)

 よりによってピンク!!!!

 実はこの車両、ビアンキ・コンセプトストアの試乗車なんですよねw
 早速自宅まで25kmをだ~っと走って来たのですが、流石にショップの試乗車で乗り込まれて結構年季があるとはいえ、整備が行き届いていて気持ちよく走る!!

 タイヤもヴィットリアのルビーノ23Cにシマノのよくわかんないホイール(WH-RS10らしい)
 インフィニート(杏珠たん)のマヴィック・アクシウムに比べるとファットな見た目なんですが、ロードコンタクトはソフトな感じで、たしかにちょっとフットワークにシャープさというよりも、優しい乗り味って感じですが、ホイールもバランスが良くグイグイ進んでくれます。

 このニローネ7、フレームサイズは53ですが(普段の杏珠たんは47) ジオメトリー的になぜか違和感なく、ちょっとハンドルが遠くなったかな?程度でスゴくリラックスして乗れました。
 フレームサイズってあくまでも目安で、モデルごとに適正って違うものかもしれない?

 流石にオールアルミの廉価なモデルなので、重量面ではインフィニートのほうが遥かに軽くて、坂道や信号からの漕ぎ出しなどでは、やっぱインフィニートとの差を実感せざる得ない部分もあります。
 しかし、オールアルミとはいえ振動吸収に関してはなかなかで、確かにインフィニートよりも路面に対して若干ダイレクトな感じはありますが、「角がとれたようなマイルドな乗り心地」って感じでしょうか。

 逆にクロスバイク上がりや初めて買う自転車にしては案外いいかもしれません。
 自分の場合、ビアンキ・ローマ2からインフィニートに乗り換えた際にびっくりしたのが重量差で、あまりの軽さにヒラヒラするような感覚がすこし怖かった部分もあったのですが、逆にニローネのアルミは、どっしり安定感があって安心感で乗りやすい、っていうのはあるかもしれません。

 むむむ、ヴィア・ニローネ7、侮りがたし……!!
 
 ☆

 ちなみに火曜日の走行会には、隠居していた飛鳥たん(ローマ2)を引っ張りだすことにしました。

a0293131_323479.jpg

 早速自室に片付けていたのを引っ張りだして組み立ててニローネと並べてみました。
 コレ乗ってた当時は何とも思わなかったけど、今触ると飛鳥たんは重い(汗
 ニローネもインフィニートに比べて重たいっていいましたが、ニローネとは比べ物にならないレベルでローマ2は重たいです(汗
 
 ちょっと前の変速が怪しいので少し調整して明日は久々に試しに走る予定!

a0293131_385848.jpg

[PR]
by minagi_ichirino | 2012-10-15 03:09 | Bianchista | Comments(0)
【チャリ】幸手の曼珠沙華を見に走って来ました
a0293131_0562549.jpg
・幸手市でまだやっているという話の曼珠沙華祭りまで、杏珠たんで走って参りました

 だいたい距離的には片道4~50kmくらいですかね、サイコン持っていないので、帰って調べないとさっぱりわからないのですが(汗

 本当は先週のうちに走って見に行くつもりだったのですが、先週はタイミングが合いそうなときに限って天気がイマイチだったりと、ボヤボヤしているうちに週末
 東方紅楼夢で大阪まで出掛けてしまい、ようやく落ち着いたのが今日でありました。

 に、しても、やはり首都圏、交通量が多くて自転車で走るにはちょっと、ド級のトラックなども多くあまり快適な道すがらではありませんでした(涙
(実はサイクリングロード走行があまり好きではない自分……)

a0293131_1115.jpg
・現地まではだいたい2時間ちょいくらい。
 多分平均速度は20~25kmくらいでしょうかね。
 ついてみると……なんとか滑り込みセーフ!って感じの開花具合でしょうか。
 半分以上がしおれて花が落ちつつある状態でしたが、まだまだ綺麗に咲いている花もちらほらあって、それなりに楽しめるひとときでした。

a0293131_154744.jpg
▲今回のベストショットはこれでしょうかね。
 しおれてる花が多かったのですが、場所によっては満開の彼岸花が群生している場所もありました。
 天気は曇が多かったのですが、時折日差しが差し込んで来るような、そんな一日でした。
 それなりに暑い一日でしたが、風はすっかり秋ですね。

a0293131_174219.jpg
▲杏珠たんの前三角から狙って撮ってみましたが、やっぱシオシオですね(涙
 満開の時期がちょうど大阪遠征している時期と重なってしまって……
 しかし、満開の時期なら絵面は変わったかなぁ……ちょっと足が遅かった!


・帰りは午後になって、道の駅「アグリパークゆめすぎと」に立ち寄りました
 アグリパークといっても、別に鈴木亜久里に由来があるわけでもなく、ゆめすぎとと言っても、別にドリームランドというわけでもなく……
 
 というか、なんで「アグリパークゆめすぎと」なんでしょうね!? スゴくわかりにくくないですかコレ?!
 普通に自分の自治体の名前で、胸を張って「道の駅すぎと」って名前に出来なかったんでしょうかね。
 なんかセンスも知識もない公務員が、いらんことを付け足す企画書みたいなのをイメージしてしまいました。

a0293131_1143725.jpg
▲この道の駅名物らしい「カレーつけそば」 600円。
 味は、ゲテモノ臭しますが、結構普通です、ご飯無料なのはポイント高いです。

 むしろそばが結構美味しいです。 ゆで時間がいい加減なのか、混んでいたからなのか、ちょっと茹で具合が怪しげでしたが、そば自体は美味かったです。 そばの食感が高く、田舎そば風。
 今度チャンスがあれば普通に直球でそばを味わってみてもいいかもしれない。

a0293131_1235923.jpg
▲かぼちゃソフトクリーム
 甘いモノが食べたかったので、食事の後食べました。280円。
 お昼過ぎは天気もすっかり雲が少なくなり、風は涼しく、いい気分でした。

 このソフトの後ろに杏珠たんの姿がぼんやり見えるのはわかるかな??



 その後、東京に戻って北砂でヤボ用があってウゴウゴ、そのあとR6で帰宅して、結局走行距離的には多分120kmくらい。

 実はサドル……
 フィジークのアリアンテがイマイチ合わない(おちんぽが痛くなる……)っていうので、暫定的に、以前飛鳥たんにつけていた、スペシャライズドのAvatar-GELの08年モデルを付けて走りました。

 うん、これならOK、痛くならないわけじゃないと思うけど、少なくとも120kmなら問題ないかな。
 アリアンテでは、50km超えるとおちんぽが圧迫されて辛かった……

 ただ、Avatar-GELもアリアンテと一緒で割りと立体的な構造で、1点固定ポジで、やはりフラットなサドルを試してみたいところ……
 以前テストサドルで借りたフィジークのVSシリーズは悪くはなかったけど、果たして……

 
[PR]
by minagi_ichirino | 2012-10-12 01:37 | Bianchista | Comments(0)
【チャリ】杏珠たん調教
 早速、お迎えした杏珠たん。
 当日外神田にあるビアンキのディーラーから自走してきたわけなんですが、ヘッドライトはバーエンドに無理くりつけて、テールランプはなしという、ちょっとあやしい保安装備だったのです。
 これにテールランプを無事つけて、ヘッドライトも当初の予定とはちょっと違ったマウントになっちゃいましたが、2つ搭載しまして、これで夜間走行OKというので、早速杏珠たんの調教(ポジション出し)で毎日ちょくちょく乗っておりまする。
 
 だいたい距離にして70~30kmくらいは毎日乗ってるかな。
 しかし、ドロップバーにロードレーサーは初めてな自分は、何しろ最適なポジションというのがよくわからない。
 一応目安にお店の人にあれこれ聞いて、それをイニシャルセッティングにはしてるんですが、まず標準位置だとサドルが低いので1~2cmくらいサドルを上げ、多少前に傾けてみたり、前後移動してみたり。
 しかし乗っていて何より顕著なのが、左手が痛い、左手の親指が痛い(汗
 何故か左手だけが痛む、それも親指だけ……多分握り慣れてないからなのか、腕に体重がかかりすぎてるのか。

 腹筋を使ってサドルに重心が乗らないとダメよって話も聞くので、ポジションというより自分の乗り方がダメなのかとも考えつつも、ちょうどいい妥協点を探りつつ調教しております。

 杏珠たんは何より転がりもいいし、ペダリングごとにグイグイ進むのがイイね。

 飛鳥たんもよく走るマシンだったけど、やはりクロスバイクはクロスバイク、ロードレーサーとなるとペダリングも軽く本当にグイグイ進んで面白いです。
 ただ、ギアも今までのRD2200と違って、10速のシマノ105ですから、ギアの選び方もまだ不慣れで、足の勘もできてなくて、走り終えると頑張ったつもりでもないので、変なところが疲れちゃう感じですが。

 話は戻って例のポジション、サドルはフィジークの「Aliante δ」ってモデルで、これもなかなかいいはずなんですが、イチモツが大きい自分はナニが心配な乗り心地
(大昔にトレックに長時間乗り、尿道を痛めてしまい小便が地獄だったことがあったのです……)
 さすがに尻が痛くなる距離はまだ乗っていないのですが(多分200kmくらいは大丈夫そう) 長時間乗るとなると多分ちょっと合ってないんだろうなぁとおもってるので、多分、ポジションが安定してきたらサドルを変えちゃおうかな、なんて考えております。
 今度またポジションや姿勢なんかをお店に聞きに行こう。

 
a0293131_126038.jpg
▲スカイツリーと杏珠たん
 自宅から比較的程近いところにある東京スカイツリー。
 友人が住んでるところの近くだけ会って、以前からちょくちょく通りかかることはあったのですが、こいつがデキてからは、すっかりこのへんのひなびた下町的な景色はかわりつつあります。

 この日は週末で、夜半過ぎにもかかわらず人も多く、スカイツリー脇を流れる小川の脇には恋人たちのカップルがベンチに座って夜景を楽しんでいました。
 面白いのが、そのカップルたち、大体2~30mの等間隔でベンチに座っているんですよね。
 確か、隣の人の会話が聞こえない距離だったかなんだったか……京都の出町柳の方にある川でも同じ現象が起きてたので、人間の習性って面白いなぁなんて思ってみていました。

Minagi
[PR]
by minagi_ichirino | 2012-09-25 01:31 | Bianchista | Comments(0)
【チャリ】新車をお迎えして参りました
 前回の日記で、新しい自転車をお迎えすると言っていたわけなんですが、紅樓夢の原稿やら天気やらで遅れて遅れつつ、先日の大安吉日に納車して参りましたよ

a0293131_14324057.jpg
▲Bianchi C2C Infinito 2012 (Shimano105仕様)

 いよいよ買っちゃいましたぜカーボンバイク、実はアウトレットで放出されてた928SL/iaspと迷ったのですが、やはりチェレステへの憧れが勝り(928は欲しい色の在庫がなかったのです……) もともとレースや坂馬鹿という人間でもなく、淡々といろんな道を走るロングライド用途というのでこのモデルをチョイス。

 ディーラーの人と話してると、現状のフラッグシップのOltreに次いで手の込んだフレームなんだとか。
 実際09年のジロ・デ・イタリアでは当時バルロワールド所属のロバート・ハンターが実戦でテスト、第7ステージではステージ優勝まであと一歩の2位入賞を果たしていたり!

▲赤いジャージの彼が駆ったのがそう (from cyclowired)
 
▲彼が第7ステージで走ったマシン
 プロトタイプで当時はどうも「928Infinito」と呼ばれていたようですが、カラーリングなんかもう殆ど市販の2010モデルそのものですよね(汗
 調べてみると、この年のジロは、クラシックレースばりのウィットに富んだサーフェイスのステージも多いようで、そのへんも買われての供給もあったのかなぁなんて。

 ちなみにこやつの名前は「杏珠」たんにした!

 旅の苦楽を共にする相棒なので、自転車には前の飛鳥たんもそうですが、そんな感じで名前をつけるタチ。
 前回の「飛鳥」が日本限定ラインナップだったローマ2で、フレームや色も質実な感じで、醤油味な名前をつけてやろうっていうコンセプトでしたが、今度は本国ラインナップで実際レースにも供給されたフレームということで、もうちょい ~和洋折衷~ な名前にしてやろうかなというので、常磐線に乗りながら考えた!(ぁ

 それだけではなんかお口が寂しいので、早速原稿上がりの勢いで、杏珠たんを擬人化して描いてみたぞ。

a0293131_1552562.jpg

▲デデーン!
 メカ少女風にも考えたけど、結局こんな変身ヒロインをイメージしたコスチュームにしてみた!
 肩周りのデザインは複数アイデアがあったけど、結局こんな感じになっちゃったかな。
 何かステッキか持ち物でも持たせたほうがマジカルに、マスコット感出てよかったかなぁ、なんて。

 ……にしても、SDキャラは難しいですね(涙)
 まだまだ、キャラのバランスが掴めてないので、もっと色々追求していかねば。

a0293131_15103394.jpg

▲アイデアスケッチ

 なんかこのイラスト一枚だけではちょっとさみしいので、今後ちょくちょく彼女を描いていけたらいいなぁなんて思っております。
[PR]
by minagi_ichirino | 2012-09-22 15:14 | Bianchista | Comments(0)
【チャリ】飛鳥たんラストラン
 今度新しいロングライド用自転車をお迎え予定というわけで、今まで乗ってきたメインの愛機(ビアンキ・ローマ2/09モデル)、通称「飛鳥たん」は処分しちゃうわけじゃないけれど、サブ機になるというので、ちょいと銚子まで朝日を見に往復200kmちょっとを、最後のロングライドとして出掛けてきました。

 ……とはいえ、最後になるってわけじゃないと思うのですが、今後の自転車遊びの主役ではなくなるのは事実なので、最後の主役として、でしょうかね。

a0293131_0213949.jpg

▲飛鳥たん(ビアンキ・ローマ2)

 思えば憧れだったビアンキを買って3年間、今年で4年目だったわけなんですが、思えばコヤツで色々出かけたなぁと。
 ハンドルも切っちゃったり、一時期はDHバーまで付いたり、ホイールは特注品だったりと、すっかり自分が乗りやすいようにカスタムされましたが、今回はビンディングペダルの練習も兼ねて、引退間近というのに新パーツ投入。
 ペダルはTimeのi-Cric2の一番安いやつ、Lookと迷ったけど、こちらのほうが膝に負担がないよ~という噂もあったので、Timeを使ってみました。
 シューズはビアンキ丸の内で激安だったNariniの何か(ぁ

 
a0293131_0265886.jpg

▲佐原駅前のR356沿いのローソンで休憩

 出発は夜の11時、自宅から銚子までが大体100km位なので、ざっくりそれくらいで走れば日の出までに間に合うだろうという感じで走りました。
 とはいえ、日の出の正確な時刻をよく知らなかったわけなんですが(汗
 銚子駅前くらいには薄ら開けてきて「ああっ!これは間に合わないかな……」と思いましたが。

a0293131_0313751.jpg

▲無事間に合いました⌒゚( ´∀`)゚⌒

 銚子の犬吠埼は本州最東端というので、日の出が一番早いと言われてる場所です。
 切り立った岬から眺める海岸線は開放感があって素晴らしかった。
 距離にして101km、かかった時間は6時間1分と、クロスバイクにしてはまずまずのタイム。
(途中道の駅しょうなんと佐原のローソンで20分づつ休憩しましたが……)

a0293131_0355660.jpg

▲昨年の大津波のせいで、遊歩道は破壊されていましたが、銚子の町や灯台自体は高台にあるので、以前見た時とそれほど変わった姿を感じられませんでした。
 しかし、来る途中、水郷地帯をゆく国道356は、地震で液状化の被害があったようで、そこかしこでまだ工事が続けられていました。

 帰りは成田空港や、道の駅多古あじさい館などに寄り道をして帰宅、ざっくり223kmだとか、時間にするとだいたい往復で13時間半くらい。
 この日も残暑が厳しく、ほとんど帰宅した時には熱中症になっておりました(汗

 というわけで、今回で飛鳥たんはしばらくお休み!
 帰宅して、ライトやボトル、バッグなどを外し分解してたたんで収納してしまいました。
 次からは新しい子をお迎えして調教する!!
 
[PR]
by minagi_ichirino | 2012-09-21 00:44 | Bianchista | Comments(0)
【愛機紹介】飛鳥たん
a0293131_2285511.jpg
Bianchi RomaⅡ/09 Matt Black "飛鳥たん"

・自分のⅠ台目のBianchiでした。
 飛鳥って名前は、このローマ2ってモデルが日本限定企画モデルなので、和風な名前をつけてやろうっていうので付けました。

 実はチェレステの色が本音では欲しかったのだけど、当時、部屋におけるかどうか不安だったので、盗難が怖くてマットブラックにしてしまったという履歴があったり……
 この件以降、チェレステカラーに対する妙な執着を持つようになってしまいました(汗

 
a0293131_2343420.jpg
▲飛鳥たん最大の特徴は黄色リムのホイール。
 例によって手組みの特注品。
 リムは前輪がVelocityのAero-Head/32H、後輪も同じくVelocityのDeep-V/32H、ともにどっちかといえばピストバイク用のリムなので、かなりファニーな印象に……

ハブはどちらもシマノのDeore
 タイヤは現在Panaracerのリブモ25C、激重だけどパンクはしない、丈夫。

ブレーキはケーンクリークのDirect Curve3に交換、だけど、実はブレーキタッチはあんまり良くない、オリジナルのAvidの方がいいと思う。
 ただ、このブレーキはVブレーキにしてはブレーキ開放がしやすく、つけたり外したりしてもあんまりブレーキバランスがおかしくならないので、そんなに悪くはないなぁ、なんて。

サドルはSPECIALIZEDのAvatar-GELの09年モデルだと思う。
 今のAvatarとはちょっとデザインが違う。
 フラットハンドル、グリップは色々試した結果、ERGONのGR-2に落ち着いてる。

ディレイラーやスプロケなど駆動系はオリジナルのまま、Tiagraに変えたかったけど、買えるくらいならロードを勧められるといういつものパターンのまま交換せず3年経った。
 ペダルはFUNNのソルジャムバイパーズ・ブラック MTB用なので、カーブで油断してると大きくて地面に擦る(汗
 基本フラットペダルだけど、最近はTimeのi-Cricを移植して遊んだりもしてる。

・ほか、ハンドルをちょっと切ってみたりもしてたり、ちょくちょく手を入れております。

a0293131_248466.jpg
▲納車初期の頃、富津岬にて。

a0293131_2485912.jpg
▲同じく納車初期、千葉県御宿の海岸にて。

 走行距離は、年間とおしてムラッ気があるため不明。
 一応千葉県1周ツーリングを2回やってるので、これでロングライド(宿泊なし)としては480km程度はイッキ乗り済。

 12年の9月に杏珠たん(Bianchi C2C infinito/105)を買うまではメイン車でした。
 現在は基本的に隠居中だけど、パーツ不足無いので組めば走れます。
[PR]
by minagi_ichirino | 2012-09-01 02:13 | Bianchista | Comments(0)